http://fukita.exblog.jp

fukita.exblog.jp

タグ:voyage ( 247 ) タグの人気記事

マラウイカレーふたたび

a0003089_19223351.jpg
三連休中日、マラウイ時代によく作っていたレシピでカレーをメイキング中。このスパイス、マラウイでは簡単に手に入った品。大掃除中に見つけ出した品なんだけど、賞味期限は気にせず。数年前のシンガポール旅行中に見つけて、大感激して購入したことだけ覚えてる。

CHAMBIKOは手に入らないのでヨーグルトで代用だけど。





[PR]
by ayumifukita | 2017-03-19 19:22 | 食欲 | Trackback | Comments(0)

How to get tourist visa of Republica de Cuba

a0003089_22354025.jpg
キューバビザゲット。

覚書として、地方に住みながらキューバビザを取る方法をメモ。元情報はキューバツーリストカードを郵送で申請する方法&記入例自分でビザを取得する際に行ったのは以下。(あくまでも私のケース)

(1)キューバ行きのチケット
チケットはネットで購入。購入日は2017/3/7。深夜到着便なので初日のお宿もネットで予約。

*カナダ経由の場合、VISA(ツーリストカード)は機内で普通に配られるという情報アリ。2017/3時点のコメントでは日本で取得する必要はない的なことが書いてある

(2)海外旅行保険の契約証明書
カード付帯の海外旅行保険の英文契約証明書を取得するためカード会社に電話で問い合わせ。問い合わせが多いようで簡単に郵送で発行してもらえた。申請は3/8で3/10の日付で発行され3/12我が家に到着。私の証明書は損保ジャパンのものだけど、アメリカ資本の会社はNGみたいなことが書いてある。


(3)VISA取得(ツーリストカード)
以下を封筒に入れて郵送

[1]アプリケーションフォームのプリントアウト

以下リンクのアプリケーションフォームを入力しファイル出力・印刷

プリンタを持っていない私は、このフォームをこのままファイル出力し印刷してしまい大失敗(ドロップダウンリストから選択するものもあるのでそのまま印刷してしまうと使用できない)。フォームにすべての情報を入力してからファイル出力し、セブンイレブンのネットプリントで印刷。写真(5cmX5cm)を貼り付け、日付とサインを手書きして完成。

[2]ビザ発行代金振込み用紙
郵送の場合5600円を以下の口座に振り込む。振り込んだ用紙はVISA申請時に同封する必要がある。振込手数料は自己負担。

三菱東京UFJ銀行 広尾支店 普通口座1128153

[3]パスポートのコピー
写真のページをコピー。私は白黒でコピーしたけど特に何の問題もなし。

[4]Visa返送用封筒と82円切手
VISA返送用の封筒に自分の住所を記入し82円切手を貼る。送付用にも82円切手が必要なので82円切手は合計2枚必要。定型封筒と書いてあるが、大きめのおしゃれカラー封筒でも問題なく返送されてきた。問題はサイズなのかも。

[1][2][3][4]を封筒に入れて以下に送付。

106-0044 東京都港区東麻布1-28-4 キューバ共和国大使館


上記をまとめて郵送したのが3/10(木)。明けて月曜日3/13(月)にキューバ大使館より電話があり、エアチケットと宿予約証明書をファックスで送るようにとのこと。その日の夜にファックスを送付。3/16(金)、郵送でCuba VISA無事到着。

これが2017/3時点でのVISA Applicationの流れ。とはいえ、参考にしたサイトの情報によるとVISAをとる必要はないのかもしれない.....









[PR]
by ayumifukita | 2017-03-16 22:36 | 旅欲 | Trackback | Comments(2)

Off to Yonezawa

a0003089_19155623.jpg

最後の乗り換え完了。

外国旅行も良いけれど、こうやって日本を周るのも悪くない。ほぼ、海外旅行みたいな旅行だった。違いはといえば、日本語が通じることぐらい。

大晦日、父から電話があった。お互いの近況報告をいていたところ、サラリと"無駄に時間があるとロクなことしないから、我々のような人間はすこしぐらい忙しい方がいい"と言っていたのに笑った(笑)私は間違いなくあのヒトの娘だ。




ーーーーーーー
無事、帰宅しております。ざっくり計算したところ、JRだけだと2013.2Km、金額換算で33,050円。移動が苦ではない人間にとって、これほど楽しい旅はないなと。








[PR]
by ayumifukita | 2017-01-03 19:15 | 言欲 | Trackback | Comments(0)

益子焼

a0003089_12193133.jpg

栃木旅行のハイライト

益子焼の窯元を訪ねた。

The 益子焼的なものを求めて見つけたお店が気に入り

いくつか買い込む。

お店の方と色々おしゃべり

お茶までいただき

しかも窯まで見せていただき

土を練るとこまで見せて頂けた。

なんと幸せな。













[PR]
by ayumifukita | 2016-11-03 12:19 | 旅欲 | Trackback | Comments(0)

米坂線の旅

a0003089_19541881.jpg

予てから計画していた米坂線の旅へ。

米坂線とは、米沢ー坂町(新潟県村上市)間を走る列車。

山形ー新潟の県境のあたりが

とにかく景色が良く

以前、車で通過した時に列車が通過するのを見て

ビール片手に一度は乗ってみたい

そう思っていた。

その計画を本日遂行。

いやー、良かった。

ほんとに良かった。

紅葉も素晴らしいかったんだけど

流れる河の色の素晴らしいこと。

車だとここまで盛り上がれなかった。


坂町からは海沿いを走る列車で

米沢行きの最終列車までに帰ってこられる駅まで行こうと

駅員さんのお知恵を拝借。

羽越本線であつみ温泉駅まで。


海沿いを走る列車でぼんやり海を眺める。

なんという贅沢。


日本海は素晴らしいと改めて思う。

車窓から見える粟島が美しい。


小一時間であつみ温泉駅到着。

駅前の食堂でカツ丼を食べ

帰路につく。


帰りの夕日の美しさに絶句。

大袈裟な表現ではなく

本当に言葉を失うほどの美しさ。


夕日のピンク・海の青

みたこともない海の色に感激。


とにかく楽しい列車旅。


雪が降ってから同じルートでまた旅する。

決めた。

絶対。






----------
(旅のメモ)
米沢ーあつみ温泉駅間は片道3030円。往復6060円の贅沢。
10:29米沢発ー19:15米沢着。
あつみ温泉駅の滞在時間は約一時間。食堂でご飯食べて丁度良いぐらい。
今回の旅は列車に乗ることが目的なので問題なし。
列車にはトイレもついており気兼ねなくビールも飲める。

[PR]
by ayumifukita | 2014-10-25 19:54 | 言欲 | Trackback | Comments(0)

Cooking class in Rishkesh

a0003089_21593564.jpg

シリケシという土地は肉、魚、アルコールを手に入れることが難しい

我々が宿泊した宿にも

それら+ドラッグの持ち込み禁止という張り紙があった(笑)


写真はお宿で行われていたベジタリアンクッキング教室での一枚

飛び込みで参加(というよりオブザーブか)させていただいたんだけど

スパイスをふんだんに使ったベジタリアン料理


よい経験

a0003089_22044021.jpg

a0003089_22043127.jpg
スペイン人が多い関係で

英語とスペイン語がとびかってた

スペイン人からフラメンコの歴史を聞いたり

フラメンコ踊ってみたり






[PR]
by ayumifukita | 2014-02-27 22:06 | 旅欲 | Trackback | Comments(0)

Henna Tatoo

a0003089_00283379.jpg

[PR]
by ayumifukita | 2014-02-26 00:30 | 旅欲 | Trackback | Comments(0)

リシケシ男子

a0003089_23301565.jpg

リシケシで出逢ったヒト

バスのチケット屋の兄さん

彼の財布にはサイババ

a0003089_23301912.jpg

facebookでご友人になったんだけど

毎日メールがくるほど仲良し

現地では10分ぐらいおしゃべりしただけなのに

大概「ゲンキか」「ゲンキだ」の繰り返しなんだけど(笑)






[PR]
by ayumifukita | 2014-02-24 23:32 | 旅欲 | Trackback | Comments(0)

ぐるぐる巻きブーム到来

a0003089_11300545.jpg

インドから買って来た布

私も毎日グルグル巻いている




[PR]
by ayumifukita | 2014-02-23 11:30 | 旅欲 | Trackback | Comments(0)

そして悪夢

a0003089_11203033.jpg

リシケシ到着早々お熱が出る

思えば無茶ばかりしていた


インド旅行の前週は我が弟の結婚披露宴

2泊3日の強行帰省

4:00 a.m.起床で振り袖をまとい

生まれて初めての親族の結婚式という宴

テンションマックス

母から出ていた「おてんば禁止令」もほぼ意味無し状態で飛び回る


翌日5:00a.m.起床で仙台へ戻り午後は仕事


インド入り前日は納会でお酒を少々

その足でTOKIOへ

深夜バスではほぼ眠れず

そんな状態でのインド旅行


普段からテンションマックスで生きている私に

初のインド旅行でおとなしくしろという方が間違っている

予定外のガンジス河での沐浴体験がとどめとなり

お熱

友人が居なかったら死んでたかもしれない













[PR]
by ayumifukita | 2014-02-23 11:27 | 旅欲 | Trackback | Comments(0)