http://fukita.exblog.jp

fukita.exblog.jp

タグ:photo ( 29 ) タグの人気記事

Brooklyn Bridge walk

a0003089_2041085.jpg

自分の後ろ姿をみるチャンスってあんまりないよね。ありがとう、撮ってくれたヒト。


---------------------
Gyao!で『色即ぜねれいしょん』をみている。
[PR]
by ayumifukita | 2012-03-26 20:06 | 言欲 | Trackback | Comments(0)

FREITAG SHOP NYC

a0003089_185228.jpg

ニューヨーク散歩中に偶然FREITAG SHOP NYCを発見!!早速潜入!!前から購入予定ではあったんだけど既に持ってるBob用のパッドを購入!!で、勢いでLauraも購入!!いや、これ、衝動買いとは言いたくない!!買うべくして買った運命のLaura!!色も形も完璧!!パーフェクト!!

で、翌日、夕食用の良さげなダイナーを探してSOHOあたりをウロウロしていると、再度、FREITAG SHOPを発見。お店は既にクローズしてたんだけど、なんと、中からスタッフのクリスタちゃんがでてきてくれた。ショップで残作業をしながらご友人を待っているんだとかで。

なにより、我々のことを覚えていてくれたことにいたく感激!!!

せっかくなので、近くにお手頃な価格の美味しいレストランはないかと問うてみたところ、「よいお店があるわよ!!中に入ってー!!」と既に閉店しているお店の中にいれてくれた。感激。レストラン教えてくれたうえに、写真撮影にも気さくに応じてもらっちゃって!!

写真はそのクリスタちゃんと、クリスタちゃん私物のFREITAGたち。彼女、超キュート。そしてやさしい。お店にお客さんのポラがたくさんはってあったんだけど、私とクリスタちゃんのツーショットも張ってくれるとのことで。はずかしいけどウレシイ。

先ほど、よくのぞいているTwitterでLauraが販売終了となるとのニュースを知る。販売終了前に手に入れることができてよかったけど、なんだかさみしい。

a0003089_1853193.jpg

a0003089_1852681.jpg


FREITAG SHOP NYCのOpenバージョンとCloseバージョン。帰国後、銀座のFREITAG SHOPにも寄ってきた。椅子に座ってまったりしただけだけど(迷惑な客)

ちなみにLauraは204USD(Taxが8.875%で約222USD)。日本で買うと21,000円。(パッドは49USD)





-----------------------
今からGyaO!で『クレイマークレイマー』見るよ。何気に初見。
[PR]
by ayumifukita | 2012-03-17 18:21 | 旅欲 | Trackback | Comments(0)

night museum

a0003089_2327515.jpg

出張帰り、十和田の美術館でヒトヤスミ。とはいえ、行った時間が時間だけに、美術館はクローズド。ライトアップされたハコをながめ、草間作品をナガメ、周りをトボトボと散歩。

寒かったけど、空気が澄んでて気持ち良し。
[PR]
by ayumifukita | 2010-02-09 23:29 | 観欲 | Trackback | Comments(0)

NEW MUSEUM

a0003089_10255083.jpga0003089_10255689.jpga0003089_102617.jpg


SOHOをトボトボ歩いていたらステキな形の建物。プレオープン中だったらしく、通常の半分のお値段で中を見れるとのこと。6USD払ってGO。一番印象に残ったのはトイレ。

http://www.newmuseum.org/

おしゃれすぎて気が引けた(笑)
[PR]
by ayumifukita | 2009-06-05 10:34 | 旅欲 | Trackback | Comments(0)

キャプテンの息子

a0003089_21501412.jpga0003089_21502214.jpga0003089_21502990.jpg

[PR]
by ayumifukita | 2009-05-26 21:50 | 旅欲 | Trackback | Comments(0)

忘れられない夜

a0003089_21205294.jpg

アマゾン河のほとりに建てられたこの家には、電気も水道もない。夜はランプのあかりともしてミサンガを編んだり、歌を歌ったり。だめなツアーなんて書いたけど、こんなステキな時間をすごせたのも事実。

夜のワニ見学よりも、ピラニア釣りよりも、ずっとずっとステキな経験ができた。幸せ。

a0003089_21212965.jpga0003089_21213647.jpg
a0003089_2121445.jpga0003089_21215355.jpg

この夜は、この家族のハンモックに囲まれる形で私のハンモックをはってもらって就寝。どんな高級ホテルよりもステキな寝床。ありがとう、ほんとにありがとう。
[PR]
by ayumifukita | 2009-05-22 21:29 | 旅欲 | Trackback | Comments(0)

水辺の人々を撮る

a0003089_2185897.jpg

a0003089_2110346.jpg

a0003089_21125745.jpg


[PR]
by ayumifukita | 2009-05-22 21:10 | 旅欲 | Trackback | Comments(0)

世界一知名度低いかもしれない世界遺産

a0003089_2441395.jpg

マラウイに二つある世界遺産のひとつ「チョンゴニのロックアート」見学へ。タイトル「世界一知名度低いかもしれない世界遺産」どうり、チョンゴニを知らない方がたくさんいらっしゃると思うのでちょっと説明。

-------------------------------------------------------------------
マラウイ中部デッザ県(Dedza District)にあるチョンゴニ岩石芸術地域(Chongoni Rock-Art Area)

初期の狩人が描かれた絵画と、それ以降の農業的な主題の岩絵に分かれる。前者を描いたのは石器時代のバトワ人 (Ba Twa) で、後者を描いたのはチェワ人 (Chewa) である。チェワ人はこの地域の洞窟に住み、20世紀に至るまで、この地で岩絵群を蓄積してきた。

[登録基準]
チョンゴニ岩石芸術地域は、申請書類の不備等によって審議が延期されていたが、2006年に登録が認められた。文化遺産としての登録カテゴリーは「遺跡」(site) である。

『ウィキペディア(Wikipedia)』より
-------------------------------------------------------------------

「申請書類の不備等によって審議が延期」ってのが、いかにもマラウイっぽくて笑えるが、チョンゴニ岩石芸術地域は2006年にちゃんと世界遺産として登録された「遺跡」。

このロックアートを求めて私がデッザを訪れたのは実はこれが二度目。前回(実は先週)来た際は、地元の詳しい人に地図を描いてもらい地図にある山を散々探し回ったのにもかかわらず発見できず(笑)

「世界遺産なんだから、それなりに有名だろうし、わかんなかったら村人に聞けばいいよ」なんて考えがそもそも甘かった。看板どころか、道を聞こうとおもってた村人すら見当たらない。やっとのことで見つけた牛飼いの少年たちに聞いたにもかかわらず、そのロックアートの存在すら知らず。そうよね、誰も知らなかったからこそ現在まで残ってたんだもの。

で、今回のリベンジ。

この地域には9サイト100箇所以上の壁画があるらしく、我々が行ったのは中でも最も規模が大きい壁画が残っているというナンゼゼ(Namzeze)という山。町からかなりの距離があり地元民の案内がないと到底わからない場所にある。その山の麓から急な坂を上ること20分ほどで壁画がある洞窟に到着。

あったよ、あった、壁画があった。

壁画を見た瞬間、私、大感激。実は写真では見たことがあったんだけど、一番気に入っていた「キリン」らしき絵もしっかりある(決してキリンではないと思われる)。感動。感動。大感激。こんな言い方ないのかもしれないけど絵がとにかく「かわいらしい」。私好み。

ガイドによると、このあたりは昔ヤオ族がたくさん住んでおり、この絵はそのヤオ族が割礼のイニシエーションの際に壁に絵を書いて説明をしたものなのではないかとのこと。その後、ヤオ族はこの地を離れ、その後にやってきたチェワ族、ンゴニ族が、その他の絵を書いたのではないかといわれているらしい。

すべて憶測の域をでないのであるが、まぁ、言われてみればそうなのかも的な。

壁画もすばらしいが、その壁画が描かれた洞窟からみる麓の村もすばらしい。遠くから生活音が聞こえたり等、なんともマラウイらしい風景。何枚か写真を撮ったんだけど、写真じゃ伝わらない。絶景とはこのことを言うんだろうな。

同行者の「けっこう見慣れてる風景だけど、こうやって改めてみるとすごいね。こんなの日本じゃみれないよー。」という言葉に納得。

場所柄、本格的な雨季には来ることができないだけに、この時期にこれてほんとに良かった。世界一知名度低いかもしれない世界遺産「チョンゴニ岩石」。ある意味秘境。

a0003089_248513.jpg

[PR]
by ayumifukita | 2008-11-24 02:52 | 観欲 | Trackback | Comments(2)

タロウとボーンと

a0003089_2453979.jpg

タロウの目の前の袋には買ってきたばかりの牛ボーン。チェーンにつながれてるタロウは残念ながらそのボーンを手に入れることができない。ひとしきりオンオンないた後、あきらめてあくびしてる図。

こんなことしてタロウをからかう私.....我ながら、性格悪いよな。

昆虫シリーズ
[PR]
by ayumifukita | 2008-11-21 02:50 | タ欲 | Trackback | Comments(2)

ブランタイアでサル

a0003089_2164245.jpg

ブランタイアといえばマラウイで一番栄えているのではないかといわれている都市。そのブランタイアのど真ん中にある川で野生のサル4匹発見。

なんと第一発見者は私。通りすがりの人に「サルがいるよ」と声をかけると、あれよあれよという間にたくさんの人が集まってきた。やっぱりブランタイアのど真ん中(時計台のとこ)でサルってのは珍しいのかもな。

サルなんてマラウイでは珍しくもなんともない動物なんだけど、さすがにブランタイアのど真ん中にいらっしゃるとは(笑)

ちなみに、サルが出没した川の脇では日本の無償援助の道路工事が行われている。
[PR]
by ayumifukita | 2008-11-21 02:22 | 言欲 | Trackback | Comments(0)