http://fukita.exblog.jp

fukita.exblog.jp

<   2008年 10月 ( 13 )   > この月の画像一覧

マラウイでフォトグラファー

a0003089_2584523.jpg

仲良しの同僚ゴーグェ氏の結婚式にてフォトグラファー体験。当日早朝7:00、カレッジ前集合。前日、日本から送られてきた日本酒(紙パック)を飲んで少々二日酔い気味の私.....

当日のフォトグラファーは私以外に4名もいた(笑)

まずは新郎ゴーグェを迎えに行くことから始まる。フォトグラファー陣はピックアップトラックの荷台。もう日焼けはしないって決めてたのにまた日焼けしてしまいそうな予感。

いつもはTシャツにジーンズのゴーグエ氏、スーツがびしっと決まってて超カッコイイ。

ゴーグエ氏を乗せた車が向かったのは教会。チロモニ地区にあるちいさな教会。オルガンと、少年少女合唱団の歌がとにかく心に染み入る。結婚式っていいね。何度もホロリと泣きそうになる。

式終了後、ブランタイアにある大きな庭園で撮影会を行うため移動。花嫁と花婿はデコレーションされた車に乗り込む。われわれはその車の前を走るピックアップトラックの荷台。クラクションをパンパンならして走る車をトラックの荷台から撮影しながらの移動。

一度はやってみたかったピックアップトラックからのウエディングカー撮影。またひとつ、夢がかなったよ私(笑)

a0003089_362861.jpg

それでなくても渋滞しまくりなブランタイアの街中を、超徐行運転+クラクション鳴らしまくりで走るウエディングカー。それでも、すれちがう車がクラクションを鳴らし返してくれたり、手を振ってくれたり。なんとも平和な雰囲気。さすがマラウイ。

庭園到着。結婚式の写真をこの庭園で撮影するのがトレンドらしい。本日は結婚式日和なのか庭園では花嫁を5人以上みた。みな、幸せいっぱいの表情。もちろんゴーグエ婦人も幸せいっぱい顔。こっちまで笑みがこぼれる。

撮影大会のあとは披露宴まで一休みするためロッジへ移動。みなにランチが振舞われる。私はシマをチョイス。これが間違いなく旨い。

子一時間の終了後は、我がソチェテクニカルカレッジホールへ移動。そして披露宴。新郎が働く場所で披露宴とは粋。ゴーグエ氏の人柄もあって、参加者がかなーり多い。そして、雰囲気も最高によい。こんな楽しい披露宴は初めてってぐらい盛り上がる。

しかし、当のゴーグエ氏、緊張で笑顔がなかなかでない(笑)

マラウイアンが愛してやまない爆音ミュージックにのって老若男女が踊りまくる。そして、ご祝儀のお金をまきまくる。しかしみなさんダンスがうまい。絶対に勝てない。

私はひたすらフォトグラファーに徹する。みなの笑顔を取り逃さないように。

a0003089_3114416.jpg

金まみれの新婦.....文化とはいえ......

披露宴にはカレッジスタッフはじめ、ゴーグエ氏の飲み仲間(=私の飲み仲間)等、たくさんのヒトがきてた。みんなが笑顔で、みんなが楽しそうで。

朝早くから晩遅くまでの長い1日だったけど、とにもかくにもよい1日であった。

そしてゴーグエ、コングラッチュレイション!!!

余談だけどゴーグエ氏が生まれたのはマラウイ極南Nsanje。そして、奥様が生まれたのはマラウイ極北Chitipa。極南と極北同士のカップル。日本でたとえると、北海道と沖縄八重山生まれのカップルの結婚式を大阪でしました的なイメージかな。
[PR]
by ayumifukita | 2008-10-28 03:40 | 言欲 | Trackback | Comments(2)

マラウイで生ウシパ

a0003089_13123424.jpg
マラウイ中部サリマ県にあるマラウイ湖畔の村「センガベイ」のマーケットでウシパを食らう。

ウシパとは日本で言う煮干ほどの大きさの魚。通常、町のレストランなんかのメニューに「ウシパ」を見ることはできないらしい。実際、ここセンガベイのマーケットでもメニューにウシパはなかった。

今回マーケットでウシパを食べることが出来たのは、現地語に堪能な友人のおかげ。事前にレストランのヒトにウシパを作っておいてくれとお願いをしていたとのこと。さすが。

このウシパ、ありえないぐらいに旨かった。帰国前にもういちど食べに来る予定。
[PR]
by ayumifukita | 2008-10-27 13:28 | 食欲 | Trackback | Comments(0)

Welcome to MALAWI

a0003089_225163.jpg

友人が、ケニア航空の飛行機に乗ってマラウイにやってきた。そりゃもううれしかった。ありがとう友人。

高いお金出してきてマラウイだけではもったいないのでザンビアにあるSouth Luangwa National Parkに行ったり、来マラウイのメインイベントLake of Stars参加したり、農村を歩いたり、マラウイ湖のお魚輸出業者をのぞきに行ったり、マラウイアン家庭でシマ食べたり、自転車タクシーに乗ったり、演劇見に行ったり、私も一緒に楽しみまくり。

今回の旅で、首都リロングウェで使っていた宿がMabuya Campというバックパッカー宿。ドミトリ6USD、シャレットが18USDと、お値段も比較的安い。

http://www.mabuyacamp.com/

タウンから若干離れたとこにあるんだけど、そこそこ安くて旨い食事、比較的キレイな水周り、広々プール有と、私的には文句ナシな宿。アフリカ各国を縦断しているOverLandトラックなんかが常にいたり等、どこか遠くへ旅がしたい欲をかき立てさせられる宿。

ま、宿の雰囲気はまったくもって非アフリカなんだけど(笑)

a0003089_2285811.jpga0003089_2322163.jpga0003089_236180.jpg
写真は宿で食べたおいしいご飯@mabuya camp。どれもこれも、普段は食べられない品。興奮しながらハグハグ食べる(笑)

ひとくくりに「アフリカ」とは言うけれど、国によって文化も風習も全く違う。

ニホンジンにとってアフリカ旅行は敷居が高いと思う。ある程度まとまった日数が必要だし、航空券も安くない、安宿も限られているし(安かろう悪かろう)、場所によっては英語も通じないし、食事もアジアのようなお得感がない。

それでも訪れる価値がある場所、それがアフリカなんだと思う。自分が置かれた環境がいかにありがたいことなのかをひしひしと感じる。
[PR]
by ayumifukita | 2008-10-27 03:19 | 旅欲 | Trackback | Comments(4)

Lake of Stars 2008

a0003089_1493594.jpg

2008年10月10日、ミニバスとマトーラ(ピックアップトラック)を乗り継いで会場であるセンガベイへ。チェワ語ペラペラの同行者のおかげでだいぶ良い思いをする。

サブステージの裏にテントをはり、いざLake of Stars 2008。

ちょっとしたカウントミスで一番盛り上がる最終日夜の参加を逃す。私のバカ。しかし、そんなミスを吹き飛ばすぐらいにニヤニヤ全開の日々。もうね、何をするでもなく屋外でダラダラすごす日々.....もう最高。

これが最後のLake of stars参加になるのかもなーなんて思いながら。

写真の女子、同じ人間とは思えないスタイルのよさ。目立ってた。私も釘付け。


-------------
Lake of starsを終えてちょうど2週間たった日、首都LilongweからBlantyreへの長距離バスでLake of stars 3days リストバンドをつけたヒトと隣り合わせる。なぜか私にサモサやチップスを買ってくれまくりで恐縮。お礼を言いがてら「Lake of stars、私もいったよ」と伝えたところ大盛り上がり。しかし「普段はどこでクラビングしてるの」と問われ回答に窮す(笑)
[PR]
by ayumifukita | 2008-10-27 02:14 | 旅欲 | Trackback | Comments(0)

Go!! Go!! Zambia!!

a0003089_8192140.jpg

正直、これっぽっちも興味がなかったザンビアだったけど、とにもかくにも楽しかった。とはいえ行ったのはSouth Luangwa National Parkのみ。

Lake of stars 2008やら、マラウイ湖の熱帯魚卸ツアーとか、ザンビア旅行とか、追々アップ予定。

今回は静止画よりも動画に力をいれたため写真すくなめだけど。
[PR]
by ayumifukita | 2008-10-18 08:31 | 旅欲 | Trackback | Comments(0)

オサダンダウーラ

a0003089_234752.jpg

日本からやってきた荷物がねずみにやられてた(泣)

中身には害がなかったからよかったものの.......日本でやられたのか、南アでやられたのか、はたまたマラウイでやられたのか。

ポストオフィスからピックアップしてきたのは今回に限ってカレッジのスタッフ。「ねずみにやられてるようだけど中身は大丈夫かい?」って。

もし自分がピックアップに行ってたら、猛烈大クレームつけてたんだろうな......で、ポストオフィスのスタッフに「オサダンダウーラ」(ノープロブレムの意)とか言われてまたキーッツてなって.......航空便でこれだもんな。

This is Malawi.
[PR]
by ayumifukita | 2008-10-08 02:09 | 駄欲 | Trackback | Comments(2)

Lake Of Stars Malawi Music Festival 2008

a0003089_3125712.jpg

今年も参加します「Lake Of Stars Malawi Music Festival」

http://www.lakeofstars.org/

今年はニポンから友人もやってきて一緒に参加!!チョー楽しみ!!

写真は去年の写真のコラージュ。このBlogにものせたやつ。
[PR]
by ayumifukita | 2008-10-06 03:13 | 観欲 | Trackback | Comments(0)

アメージング・グレース

a0003089_124957.jpgブランタイアで行われたチャペルでの結婚式に参列。

マラウイの結婚式といえば、踊りながらお金をばら撒くだけのイメージであったが、今日は「披露宴」ではなく「結婚式」。

チャペルで、お父さんと腕を組み、パイプオルガンが奏でる「ジャーンジャジャジャーン」の結婚行進曲で、ヴァージンロードを歩く.....という、完璧な結婚式。

パイプオルガンの音を聴いたときにはもう鳥肌が立つは、胸いっぱいで涙が出そうになるわ(実はちょっと出た)、本気で大感動。

式の最後、参列者全員で「アメージング・グレース」の大合唱。もうね、言葉ではいいあわらせないぐらいステキな結婚式。歌詞さえわかれば歌えたんだけどなぁ.....悔しい。

花嫁さんのウエディングドレスは手づくり!!だんなさんも偉い方なのに気さくに声をかけてくださったり!!もう、大満足。こんなステキな結婚式に参加できたことを幸せにおもう。


---------------
たくさんのヒトが手にした一眼レフを見て、日本にかえったら絶対買ってやると決意(笑)

ちなみに、「アメージンググレース」という歌が生まれた経緯知ってる?
[PR]
by ayumifukita | 2008-10-06 01:46 | 言欲 | Trackback | Comments(0)

マラウイでコイン

a0003089_169171.jpg

ぶらり立ち寄ったブランタイアのお土産屋で、ニヤサランド時代のコインを発見。ONE PENNYと書いてある。まだマラウイの通貨がポンドだった時代のコイン。値段を聞いたところ1枚250MK(約250円!!)とな!!古いものとはいえたかーーーーい!!

とはいえここは「値段なんてあってないような場所」である土産屋。

10枚ほどONE PENNYと、マラウイのHALF CROWN、ほかいろいろを発掘し、いよいよ値段交渉。言い値は3000MK。特に、CROWNコインが高いんだとかで。

値段交渉をしていると、回りの土産屋が自分の店のコインを手にどんどん集まってくる。こっちにもいいのあるよーとかなんとか。

しかし3000MKは高い。身の丈に合わない買い物だと断念。店主に「高くて買えないよー」と愚痴る(笑)

ほかのお店のコインを漁る。こっちは10枚で500MKでOKだと言う。さすが「値段なんてあってないような場所」。そうこうしているうちに、さっき買うのを断ったオヤジがのHALF CROWNをもってやってきた。さっき3000MKと言ったコイン全部で1000MKでどうだとのこと。一気に1/3かよ。

それでも私的には高い。

交渉の結果、600MKにまで下がる。商談成立。

a0003089_16103228.jpga0003089_16133089.jpg
特にコインコレクターというわけではないけど、かさばらないし記念になるお土産としてコインは最適。



-----------------
どうでもいいことなのかもしれないけど、南アフリカの国をあらわすドメイン名(日本だとjpとか、マラウイだとmwとかそういうやつ)が「za」なのがどうしてなのかずっと気になってたんだけど、調べてみて納得。

za は「Zuid Afrika」からきたんだそう。Zuid はオランダ語で「南」の意。

なんでオランダ語なのかはwikipediaとかで調べてみてね。納得できると思う。
[PR]
by ayumifukita | 2008-10-04 16:15 | 物欲 | Trackback | Comments(2)

マラウイのチブク

a0003089_3525885.jpg

アフリカ、とりわけアフリカ東部各国には「チブク」と呼ばれるいわゆる地酒がある。マラウイにももちろん「マラウイのチブク」がある。

アフリカにおける「チブク」はインターナショナルビアの位置付け。

マラウイのチブクはメイズ(とうもろこしの一種)が原材料であり、ビールよりも安いせいか、おなかに溜まる(おなかいっぱいになる)せいか、ビールよりも人気が高い。

そのチブクの看板前で記念撮影。

その日の夜、帰国を明日に控えた先輩と、チブクを飲むチャンスに恵まれた。マラウイに来てまだ1年たったかたたいかなぐらいの時期、我が家に宿泊したバックパッカーと共にチブクを飲んだ。これがまずいのなんの。クチに入れた液体を飲み込めず、どうしようか悩んだことを思い出す。

しかし、その夜のチブクは違った。キンキンに冷やしてあったせいか「なんだかうまい」これなら1リットル飲めるなってな感じ。私的に「だめじゃない」。

a0003089_3562937.jpgチブクの味をひとことであらわすと「スッパイ」。そして「これは間違いなくアルコール」。しかし、百歩譲っても「ビール」ではない。

そして飲んだ後、口の中にメイズのカスが残り、かなり後味が悪い(笑)

でも慣れれば気にならないかも。いつの間にか私はあんまり気にならなくなってた。

普段は飲みたいとは思わないけど、たまに飲むのもよいかもしれない。ただし、冷蔵庫でよーーーーく冷やして。

なにしろ、パッケージがかっこいい。

1リットルパックで75MK(約75円)。パッケージには65MKとあるが、物価上昇につき65MKだとプロフィットがほとんどないのかも。ちなみに、ビールは1本340ml入りが90MKほど(多分)。
[PR]
by ayumifukita | 2008-10-02 04:07 | 食欲 | Trackback | Comments(0)