http://fukita.exblog.jp

fukita.exblog.jp

<   2008年 04月 ( 32 )   > この月の画像一覧

マラウイの青空マーケット

a0003089_4474243.jpg

リンベのタウンを歩いていると、いつもはバスデポで野菜を売ってるおばちゃんたちが、道端で野菜を売っているのを発見。声をかけようとおもったら、向こうから声をかけてきた。

「チムゥエームェはここにいるよ!!」

チムゥエームェとは、生後数ヶ月の赤ちゃんの名前。以前、バスデポで友人を待っていたときに「この子、買わない?」と声をかけられたのがキッカケで知り合った赤ちゃん(笑)

その時に声をかけてきたのはチムゥエームェのママではなく、ママの仕事仲間のおばちゃん。冗談で「おいくら?」と聞いてみると、「んーーーー、100,000MK」。日本円に換算しても約10万円。そりゃなんでも安すぎるよー(笑)

今日も今日とて、いつものように私の数少ないチェワ語ボキャブラリを駆使して、おばちゃんとトーク。ふと、足元を見てみるとなんと「虫」が売られてる。食べ物として売ってるのは明らか。まだ生きてるよ。

そして、その活きのよい「活虫」たちを私の手に乗せ「フィフティークワチャー(50MK)」とニコリほほえむおばちゃん。

まぁ、百姓の娘ですから「虫」触るのぐらいなんの問題も無いわけですが......

この食材は「パラブゥー」(mphalabungu)と呼ぶとのこと。なんともかわいらしい名前で。そして、おばちゃんたちが「パラブゥー」というときのオクチがかわいらしい。

去年は1度も見なかったなぁ、この手の虫を売ってるとこ。

野ねずみ焼き「mbewa」はちょっと食べる勇気がないんだけど、「mphalabungu」ならいけそうな予感........いや、無理か。

せっかく写真とってきたんでアップ
[PR]
by ayumifukita | 2008-04-30 05:06 | 食欲 | Trackback | Comments(2)

pang'ono pang'ono

a0003089_3231772.jpg

「マダム、今日は写真をとってくれる日だよ」

授業終了後、生徒のヒトリからそんなことを言われる。そっか、どうりでみんなおしゃれしてるわけだ。

「じゃ、写真とるよー」の合図をしたタイミングでみんなが取ったポーズがコレ。

a0003089_3293358.jpg「もう一枚とるよ」の合図をしたタイミングでとられた次のポーズがこれ。なんだそりゃ(笑)

週に2度16:00から17:00の1時間で行われる授業。彼らとのコミュニケーションはsign language。

私のsign language習得のスピードと、彼らのコンピュータ習得のスピードはおんなじぐらい。

pang'ono pang'ono (すこしずつ すこしずつ)
[PR]
by ayumifukita | 2008-04-30 03:38 | 学欲 | Trackback | Comments(0)

マラウイで梅粥

a0003089_150729.jpg

ニンジンの皮を剥いてザクザクとカット、お米を洗い、我が家で一番小さな鍋にチキンブイヨンと共に投入。水をひたひたにし、壊れかけの電気コンロにセット。中火でトロトロ。

お米が膨れたぐらいに、ビネガー、頂き物(sakuサンthanx)のドライのイタリアンパセリを入れ火を止める。

ヒトクチ食べて、「おや、これ、なんか懐かしい味が.......」

入り口ドアからのぞくタロウに声をかけながら、フタクチ、ミクチと、粥をクチに運ぶ。

「梅」テイストだよこれ。不思議なこともあるもんだ、粥が勝手に梅粥になってた。気まぐれと偶然が産んだ奇跡。

イタリアンハーブ+ビネガー=梅味......というか紫蘇味。

猛烈マイブームの予感。

※食べかけの写真にて失礼※
[PR]
by ayumifukita | 2008-04-27 15:16 | 食欲 | Trackback | Comments(0)

マラウイでチキンブリング

a0003089_22155727.jpg

食べるのは好きなんだけど、どうしても触れないのが「鳥」の類。どうも、あの「足」が気持ち悪い。

そんな私がマーケットで鶏を買う際に大活躍するのが買い物袋。こんな風に、鶏が顔を出す穴を開けてもらった状態で買い物袋にイン。

a0003089_22183472.jpgハンドバックのように小脇に抱えてなんて風にもいかず.......いや、やっぱり鳥は苦手。

ちなみに、さばいてくれるのは学校のキッチンスタッフ。さばいていただくお礼は、内臓と足、首、頭。

しかし、ナニゲに鳥の足は旨い。
[PR]
by ayumifukita | 2008-04-26 22:27 | 食欲 | Trackback | Comments(4)

マラウイで眉唾広告

a0003089_2273188.jpg

この広告、よく見かける。
[PR]
by ayumifukita | 2008-04-26 22:08 | 言欲 | Trackback | Comments(0)

五感六感と五臓六腑

帰国後、南米旅行を夢見る私がものすごーく大好きなサイト「旅音」。マラウイの環境ではサイト全部見ることは出来ないんだけど(画像が重い)、とにもかくにもステキなサイト。

http://www.tabioto.com/

彼らが11ヶ月かけてした中南米旅行記が、5月2日「中南米スイッチ」という本になって発売するとのこと。日本に帰ったら、即買って読みたい本。

本の発売に向けイベントがあるようなので興味のある方は是非。私の分も楽しんできて(笑)

http://www.tabioto.com/kmr/2008/04/post_24.html

●4月26日 イベント 『旅人の夜 第4夜 五感で味わう中南米』
阿佐ヶ谷ロフトAにてトークとスライドショー。お酒を飲みながら自由に楽しむ感じで。

●4月27日~29日 鎌倉路地フェスタ 『Cafeスペイン娯楽』
鎌倉の路地に点在する22の拠点を巡り、アートや食を楽しもう。旅音がいる会場はスペイン語がキーワードとなっています。

●5月3日~6日 写真展 『空を歩ける場所がある ~中南米の日々~』
鎌倉駅から徒歩5分。緑深い妙本寺の山門脇に位置するGallery Kaya。旅音のふたりとゆっくりおしゃべりを楽しむもよし、新緑を楽しむもよし。

なんともうらやましい。

※タイトルは「旅音」サイトより拝借※
[PR]
by ayumifukita | 2008-04-25 15:03 | 読欲 | Trackback | Comments(0)

マラウイでねずみ捕獲大作戦

a0003089_21194987.jpg

ここんとこ我が家の屋根裏から小動物がランニングする音がひっきりなし。

一応マラウイ国内でもそこそこ都会に位置する我が家なんだけど、深夜に帰宅しドアを開けたらコウモリが家中を飛び交っていたり、トイレに直径15cm以上あるでかいカエルが居座っていたり、部屋においてあったダンボールの中からちいさな蛇が発見されたり等、日本では考えられないことが度々。

その小動物の足音、眠れないほど大きな音ってわけでもないんだけど、病気とか持ってたら大変だしということで、本格的な駆除作戦を決行することに。

まずは、我が家の敏腕ウオッチマン・ローレンスに相談。「毒ダンゴがよい」との提案。しかし、それでは毒ダンゴを食べて死んでしまった後の処理とか、ニオイとか、愛犬タロウが食べたら困るとか、いろんな心配ごとが伴う。

煙とかで炙り出してはいかがかと提案してみたところ却下される。

しばらくして、ローレンスから「マダム、トラップを仕掛けては?トラップだったら150MKぐらいで買えますよ」との提案。トラップにかかった後の処理等、いろんな心配ごとがあるけれど、ローレンスがうまいこと処理してくれるとのこと。

で、「トラップ作戦」を決行することに。

土曜の午前中、ローレンスが買ってきたトラップにニンジンを装着。そして屋根裏に設置。

で、本日、日曜の午後。ローレンスにトラップのチェックをお願いしてみる。

なんと、大きな大きな"ねずみ"ががっちりかかってた。すごいよトラップ。昨日の今日で早くも1匹捕獲。で、たった今、二度目のトラップを仕掛けたところ。

早くもトラップの周りを小動物がウロウロと動き回る物音..........結果はいかに。


-------------
なんと、たった今、子ねずみが一気に2匹トラップにかかった。トラップかけて、ものの数分で......怖い、怖すぎる。家の裏の畑に普通にその子ネズミなげすててたローレンスも怖すぎる。

屋根裏のねずみ、ねずみ算式に増えてる模様。
[PR]
by ayumifukita | 2008-04-20 21:42 | 学欲 | Trackback | Comments(4)

マラウイで手作り餃子

a0003089_315025.jpg

見た目も悪いが、味も悪かった手作り餃子。己の戒めのために、大きな写真でお届けします(笑)

中身が野菜だけ(ポテト・キャロット・インゲン・キャベツ)だったからまずかったのかもしれないけど、やっぱり皮もまずかった。

人間って、こうやって強くなるんだな。
[PR]
by ayumifukita | 2008-04-19 03:19 | 食欲 | Trackback | Comments(0)

マラウイアンとランチング

a0003089_3404841.jpg

お向かいにあるガバメント系オフィスのスタッフからランチのお誘い。お誘いというか、たまたま通りかかったとこに声がかかっただけなんだけど。

ディオ(おかず)は「ウシパ」と呼ばれているマラウイ湖で取れた魚の煮込み。これから調理するとのことで。

せっかくなので調理の様子を見学。まずは、お鍋に油(マフータ)を入れカンカンに熱されたとこにカットしたトマト、お塩(ンチェレ)、水(マジ)をいれコトコトと煮込む。その間に、ドライ状態である「ウシパ」をお湯で戻しておき、いいぐあいになったらやわらかくなったウシパをお鍋に投入。で、しばらく煮込んで出来上がり。

ディオの次はシマ作り。家庭によって作り方が違うとは聞いていたがたしかに違う。このマダムたちは、水にメイズの粉(ウファ)をといてお湯を注ぎ、そのお鍋を火にかけるやり方。面白い。

ちなみに調理はすべて屋外にて。火はチャコールとマラウイ七輪「バウラ」。キッチンなんかいらないのね。

a0003089_3573111.jpg出来上がったら、大皿にもりつけて、みんなで一緒に食べる。

シマは手の中で何度か握ってから丸めて食べる。

しかし私、シマが熱くてどうしてもニギニギが出来ず、少しつまんではクチにいれ、つまんでは口に入れという食べ方をしてた。

が、これを機に「正攻法」を学ぶことに。というか、特訓させられた(笑)

a0003089_463392.jpga0003089_46575.jpg

あんまりキレイな写真じゃないけどこんな感じ。

ニギニギしながら、おしゃべりしながら、みんなで食べる。楽しくないわけがない。

舌だけではなく、手でも味わうって感触。
[PR]
by ayumifukita | 2008-04-18 04:12 | 食欲 | Trackback | Comments(2)

マラウイでブラジル体験

a0003089_22461860.jpg

ちょっと小腹が空いたと思って入った食堂のメニューに「ブラジリアンスナック」という文字を発見。迷わずオーダー。出てきたのは、まんまるのコロッケ。直径約8cmほど(目測)

割ってみると、ポテトの中にシーチキンがたっぷり。ヒトクチ食べてみて猛烈感激。これは旨い。本気で旨い。あっという間に食べきる。

お値段1コ85MK(約85円)

食べた後、メニューをよーく見てみると、ポテトだと思って食べたのは実はキャッサバ、シーチキンだと思って食べたのは実はチキンだった(笑)

ありえないぐらいの己の味音痴ぶりに泣く。

しかし、これ、ホントにブラジルで食べられているスナックなのか?

だれかおしえて。
[PR]
by ayumifukita | 2008-04-16 22:46 | 食欲 | Trackback | Comments(2)