http://fukita.exblog.jp

fukita.exblog.jp

<   2007年 11月 ( 16 )   > この月の画像一覧

マラウイはマンゴー天国

a0003089_14171159.jpg

やってきましたよマンゴーの季節が。もう、街じゅうがマンゴー。右みりゃマンゴー、左みりゃマンゴー。

道端では、1コ1MKのマンゴーが売られている。1コ1MKってことは、日本円なら2円以下。買ったマンゴーに即かぶりつく。うまーい。あまーい。しーあわせー。

クチの周りをマンゴーイエローに染め、歯と歯の間にはマンゴーイエローの繊維質がビッシリ。そこまでしても食べたいのよ。マンゴー。

聞くとこの季節、マンゴーの木から落ちて腕の骨を折るチビッコが続出。腕にギブスをしたコドモたちをよく見かけるようになったのはそのせいなんだって。
[PR]
by ayumifukita | 2007-11-24 14:23 | 食欲 | Trackback | Comments(2)

キャサリンからのプレゼント

a0003089_1340499.jpg

我がマラウイの母キャサリン・ムクヮパテーラからピアスのプレゼント。涙がでるほどうれしかった。

生涯の宝物。
[PR]
by ayumifukita | 2007-11-24 13:42 | 憶欲 | Trackback | Comments(0)

マラウイの卒業式

a0003089_1602941.jpg

赴任している職業訓練校の卒業式があった。ちょっと前のことだけど。

教頭を先頭に、揃いの衣装を着た卒業生たちが踊りながら入場。私、この時点で泣く。感動しすぎ。その後、全員起立し、ナショナルアンセムを斉唱。せっかく止まった涙、再び。泣きすぎ。

そして、卒業生・在校生のスピーチ。

在校生のスピーチは、教育省の副大臣がいらしているせいか、学校にモノがないことをしきりにアピール。賛同する在校生が大盛り上がり。こういうときでないと、直接ガバメントに訴えることができないもんね(笑)

そして、卒業証書授与。

親やら親戚やら友人やらが、ステージ下で待ちうけ、証書をもらった卒業生とハグするわ踊りまくるわ。収集がつかない(笑)

ニッポンの卒業式は粛々とというイメージがあるが、ここマラウイは粛々の「シ」の字もない。

ずっとビデオ撮影をしてたんだけど、とにかくスバラシイ卒業式であった。ビデオを見直しながらまた泣ける。笑える。これぞ、涙あり、笑いあり。

写真は卒業式の後のホール。みんな、踊りまくり。

---------
ちょっと気になったのが、ナショナルアンセムが英語で歌われていること。なんで国語であるチェワ語でないのかと。
[PR]
by ayumifukita | 2007-11-17 16:14 | 言欲 | Trackback | Comments(0)

CHAMBIKOカリーふたたび

a0003089_1544548.jpg昨日から仕込んでたCHAMBIKOカレーは、本日行われるフェアウェルパーティーの差し入れに。

朝、お鍋をみたら水分がすっかり飛んでたため、ビールを追加してみた。150mlぐらい。残りはドリンキング.....常温とはいえお日様を見ながらのビールはうまーい。

思いのほかカレーの量が少ない。私のクチに入るかどうか.....
[PR]
by ayumifukita | 2007-11-17 15:50 | 食欲 | Trackback | Comments(0)

CHAMBIKOでカレーをつくる

a0003089_4232329.jpgマラウイにはCHAMBIKOという飲むヨーグルトみたいなスッパーイ牛乳がある。正直、なんなのかよくわからない。とにかく酸味があって、ドロドロしている。

実はCHAMBIKOとの出会いはこんな風。

久々にホイトソースでも作ろうと、買ったばかりの牛乳の封を開けたらドロっとした塊が....この牛乳腐ってる?賞味期限を確認しようとパッケージを見たら、何これ、牛乳じゃないじゃない。CHAMBIKO?なにそれ?実態?といった風。

失敗は成功の元。いや、違う。まだ成功してない。

このCHAMBIKO、500mlの袋入りが99MK(1MKが約1.2円)。ヨーグルトよりもダイブ安い(1カップ約120MK以上)。けど牛乳よりはだいぶ高い。

このCHAMBIKOでチキンを漬け込んでカレーを作ってみようと思い立ち、先ほどからカレーをメイキング中。

こうやってゆっくり料理をするのは久しぶり。

マラウイでカレー作るときは、大量とバターと大量の小麦粉を使ったルーから作るんだけど、今回は小麦粉ナシ。ついでに言うと水もナシ。

作り方は、まずはお鍋にバター投入。で、ショウガすりおろしを炒め、いいとこでチリ投入。そこにみじん切りオニオンを大量投入。10分以上炒めたらマラウイの庶民的カレー粉"Rajha"を投入。良く炒めたとこに湯むきしたトマトを大量投入。グジャグジャさせる。

いい感じのところで、例のCHAMBIKOに5時間つけといた手羽元をCHAMBIKOもろとも投入。そして煮込む。味見をしたところコクがないので、ブイヨン(マラウイ庶民の味方Roycoというブイヨン)、インスタントコーヒー(マラウイ庶民の味方"大豆が原料のインスタントコーヒーRicoffi")を投入し、尚も煮込む。

a0003089_346930.jpg明日、食べる。
[PR]
by ayumifukita | 2007-11-17 04:07 | 食欲 | Trackback | Comments(0)

マラウイはフルーツ天国

a0003089_1411694.jpg

スーパーで1コ100円のそこそこおいしい桃を5コ買うか、デパートで1コ500円の激旨桃を1コ買うか。あなたならドッチ?

先日、商業都市ブランタイヤの道端で桃が売られてた。あまりにもおいしそうな桃なので、値段を聞く。1コ20MK。高い。

実はこの桃、地元マーケットに行けば1コ5MKで買える。ミニバスの休憩中に売りにくる売り子からかえば8コぐらいを20MKほど。買うか否か悩む。

とはいえあまりにもおいしそうなので、20MKの桃を1コ購入しほおばる。あぁ、ありえない美味しさ。

桃の甘さは値段に比例するということを学んだ1日。

-------------
ちなみに私、デパートで激旨桃を1コ買う派。
[PR]
by ayumifukita | 2007-11-14 02:12 | 食欲 | Trackback | Comments(2)

マラウイでインフルエンザ予防接種

a0003089_122010.jpg

インフルエンザの予防接種を受けてきた。聞くと、マラウイでもインフルエンザの流行があるとのこと。他、鳥インフルエンザとの識別を容易にするためとの記述。なるほど。

今回接種したワクチンはWHOが推奨する南半球用インフルエンザワクチン。「南半球用」という言葉に、自分が南半球在住だってことを思い出す。そういえばそうだった。

事務所から配布されたワクチン持参で、事務所指定の病院へ。

ここマラウイでは、予防接種受けるだけでも一苦労。注射1本売ってもらってお値段350MK(1MKは約1.2円)
[PR]
by ayumifukita | 2007-11-14 01:30 | 食欲 | Trackback | Comments(0)

マラウイでサル人形

a0003089_332827.jpg

ヒトメボレにて即買いしてしまったサル人形。木彫りのボディーにヤギスキンを縫いつけた逸品。

地元マーケットにて1匹350MK(1MK=約1.2円)を2匹で550MK(+買い物袋)にて購入。正確には母サルがベビーをダッコしてるので3匹(笑)

土産屋ではなく、庶民の台所であるマーケットで売られてるってとこがミソ。これ、ニポンに持ってかえる予定。

我が家を訪ねてくる客人には猛烈評判悪いんだけど、私的には最高にお気に入り。
[PR]
by ayumifukita | 2007-11-08 03:09 | 物欲 | Trackback | Comments(4)

マラウイミート事情

a0003089_235276.jpg

マラウイでチキンを食べたいと思ったら、生きたニワトリ一羽をまるごと購入しなければならない。近所のマーケットではニワトリ1羽が約500円ほど。

マーケットで買われたニワトリは家まで生きたまま連れてかえる。鳥足がニガテな私は、近所のハナタレチビッコをビスケットで釣って抱えて帰ってもらう。

ちなみに、ミニバスで乗り合わせた人の膝に、ニワトリが乗ってるなんてシチュエーションもしばしば。

連れて帰ったニワトリは、学校のキッチンスタッフにさばいてもらう。お礼は内臓、喉、、足、頭。マラウイでは、老若男女、誰しもが生きたチキンを料理できる(ハズ)。

そういえば本日、事務所から、マラウイ中部カスング地区にてアフリカ豚コレラが発生したとの連絡。それでなくても、お目にかかることが少ないポーク。今後ますます食べられなくなるのかも。

トンカツが猛烈に恋しい。


---------------------
※輸入品を扱う高級スーパーでは手羽先やモモ肉、ムネ肉なんかのパーツを、お手軽価格で買うことが出来る。
[PR]
by ayumifukita | 2007-11-08 02:51 | 食欲 | Trackback | Comments(0)

マラウイのフットボールナショナルチームユニ

a0003089_314269.jpg

もうすぐ日本に帰国する方々のフェアウェルパーティでのヒトコマ。

記念品として差し上げた品が、マラウイフットボールナショナルチームのレプリカユニフォーム。我々直筆のメッセージ付で。

ここだけの話、このレプリカユニフォームはシャツ+パンツ一式で600MK弱(約600円)。普通に欲しい。

先輩の中にはお土産で50着を日本に送ったヒトもいるほどの大人気商品。マラウイに住むニホンジンだけで、トータル300着以上は買ってると思う(笑)
[PR]
by ayumifukita | 2007-11-05 03:21 | 物欲 | Trackback | Comments(2)