http://fukita.exblog.jp

fukita.exblog.jp

<   2007年 07月 ( 40 )   > この月の画像一覧

マラウイでタンクトップ

a0003089_3182671.jpg

夜だってのにタンクトップ姿でも寒くない今日この頃。とても幸せ。ニホンではハズカシくてなかなか出せない二の腕だけど、外国では大丈夫なのはなんでだろう。

写真は、先日テーラーにオーダーしてあがってきた新作タンクトップ。
[PR]
by ayumifukita | 2007-07-30 03:22 | 物欲 | Trackback | Comments(3)

マラウイアンのマラウイアンドレス姿

a0003089_325843.jpg

マラウイアンドレス姿のモニカを激写。以前も書いたとおりマラウイアンドレスを着こなすためには、ある程度のオッパイ、お腹のお肉、そしてお尻のお肉が必要。

この日は妹ノラのBRIDAL SHOWER。ドレスと同じ色のマニキュアを塗ってあげた。マニキュアにはmade in munbaiの文字。そういえばマラウイの化粧品はインド製が多いと聞いたことがある。

a0003089_3144211.jpgこの日、モニカが作ってくれたランチ。見た目以上に旨かった。

マラウイに来て初めてファンタオレンジ飲んだ。
[PR]
by ayumifukita | 2007-07-30 03:11 | 食欲 | Trackback | Comments(0)

マラウイでネゴ

a0003089_2525198.jpg

この手の手押し車のことを、津軽弁では「ネコ」と言う。正確には「ネゴ」。
[PR]
by ayumifukita | 2007-07-30 03:00 | 言欲 | Trackback | Comments(2)

ローカルフードで満腹

a0003089_2304299.jpg

タウンのローカルレストランにてランチ。チキン&ライスをオーダーし席に着き暫くすると、レストランの裏から鳥の悲痛な泣き声。

もしや我々がオーダーしたチキン......

待つこと1時間半、やっとのことででてきたチキンは揚げたてのホヤホヤ。ライスも炊きたてのホカホカ。ゴハンにジャッカン芯がのこってたけど、お味は上々。これで200MK(約200円)は安い。

ちなみに夜はご近所のクワパティーラさん一家に夕食のおよばれ。メニューはシマとフィッシュ。フィッシュは淡水魚ではなく"海で取れた"お魚。贅沢すぎる夕食。

ラブ、ローカルフード。
[PR]
by ayumifukita | 2007-07-30 02:46 | 食欲 | Trackback | Comments(0)

ライブラリと前髪と

a0003089_3203885.jpg
カレッジ内にあるライブラリに潜入。赴任後5ヶ月もたってるってのに、ライブラリに入ったのは今日が初めて。思ったよりも本がたくさんあって驚く。

ライブラリを出たとことで偶然あった同僚(30代男性)に、前髪を切ったんだねと言われた後に「それはウイッグ(カツラ)か?」と聞かれた。回答は「It's mine.」
ちなみに、友人モニカは可哀想な子を見る目で私を見つめた後「ヘアサロンに行ったほうがいいわよ」とアドバイスをくれた。マラウイアンにすこぶる評判が悪い我が前髪。
[PR]
by ayumifukita | 2007-07-28 03:30 | 読欲 | Trackback | Comments(0)

グラビアンタロウ

a0003089_3102224.jpg

ブラックアウトの際に、ローソクの明かりを利用して撮影したタロウ写真。躍動感あふれるすばらしい写真に仕上がりました(嘘)

ちなみに本日、実に2ヶ月ぶりにタロウの体をウオッシング。今日はダイブ暑い日だったんだけど、洗い終わったあとのタロウはブルブル震えまくり。

温和なタロウも流石に頭にきたらしく、いくら呼んでもソッポを向いたまんま。すまんよタロウ。でもお前、ヒドイ"スメル"だったんだよ。
[PR]
by ayumifukita | 2007-07-28 03:16 | タ欲 | Trackback | Comments(2)

ローカル小麦粉大活躍

a0003089_2515067.jpg久々に、ローカルの小麦粉でウドンを打ってみた。

マーケットで購入するローカルの小麦粉、1kg90MKとはいえウドンにパンケーキに大活躍。

今までは虫除けスプレー缶を利用して生地を延ばしてたけど、今回は購入したてのホヤホヤである"麺棒"を利用。ほんのすこしの力で凄く延びる。すばらしい。

チャコールをタップリ焚いたバウラ(七輪)で一気に炊き上げるウドンが旨くないワケがない。コシが少々足りない気もするが、それでも充分にウマイ。


a0003089_2585188.jpg今回はチキンブイヨンとトマトで洋風ウドン。悪くはないけど、醤油にネギの方が旨いかも。

やっぱり私、生粋のニッポンジンだ。
[PR]
by ayumifukita | 2007-07-28 03:08 | 食欲 | Trackback | Comments(0)

天国に行きそびれた女

a0003089_13104278.jpg

かねてからの懸案事項であった我が前髪、結局すぱっとカットしました。すっかりクラムボンのイクコちゃん"くずれ"であります。

昨夜ブラックアウト中に見た『バーバー吉野』が起爆剤。

バッテリーギレでクライマックスを見れないストレスから、前髪切りたい欲がバクハツ。しかし、切るべきなのか否かを誰かに相談したい。そうだ、ガーナのジュンちゃんに相談してみよう。ということで初の国際電話を試みる。

「あゆちゃん、国際電話でそんな相談.......」あきれながらも、ちゃんと相談にのってくれた我が友ジュンちゃん。なんでもジュンちゃんは現在ボウズに近いショートカットなんだそうで。西アフリカから"きってしまえコール"。他、大いなる無駄話に燃える。

電話を切った後、ローソクの灯りを頼りに前髪カット。パッツン。

長さは程よいものの、多く切りすぎた感あり。まぁ、いい。生きてる限り毛はまた延びる(ライラちゃん談)

しかし『バーバー吉野』、モタイマサコ似の私的にはたまらいない映画で。何年かしたらあんなおばちゃんになれるんだなぁ、私。

劇中で何度かでてくる柿ピー缶、あれ、毎年のフジロック土産なんだな。私の。

今年はいけないフジロック。そうよ私は天国に行きそびれた女。
[PR]
by ayumifukita | 2007-07-27 13:21 | 駄欲 | Trackback | Comments(2)

マラウイで井戸掘り

a0003089_2043472.jpg

マラウイで行われてる井戸掘り現場見学に行ってきた。ピックアップトラックの荷台でダート道に揺られること小一時間で現場到着。

最初に到着した現場は、昨日井戸を掘った現場。通常井戸として機能するためには毎分12リットルの水量が必要なのであるが、残念ながらこの井戸は毎分5リットルほどしか水量がない。よってこの穴は埋めてしまう必要があるとのこと。事前にコンサルタントの調査が入っているのであるが、ように実際掘ってみると水量が足りなかったというケースもあるとのこと。

井戸はただ掘れば良いというわけではない。

次に向かった現場が本日井戸掘りをする"チンゴナ村"。チンゴナの意味は"大きなワニ"とのこと。我々が到着するやいなや村人がやってきて黒山の人だかり。このアタリのヒトビトは外国人がめずらしいらしく、チビッコたちは私と目があった時点で大泣き(笑)

昨今のマラウイ井戸掘り事情をすこし説明すると、現在ニッポンの援助で掘られている井戸はすべてニッポンから運ばれた重機を利用して掘られているとのこと。今期は2期目であり、今期は11月までに約160本の井戸を掘る予定。

見学した現場の現地ニホンジンスタッフは今回お世話になった民間企業の方一人だけ。実作業はマラウイアンエンジニアが行う。このマラウイアンたちが恐ろしいほど働き者。言われなくても動く動く。スゴイ。時々、村人の手伝いもアリ。

現地ニホンジンスタッフ曰く「今日はおきゃくさん(私)がいるせいか、作業がはかどるなぁ」とのことで(笑)

作業はコンプレッサーの空気圧を利用して土を掘っていく方式。最初は赤い土、粘土、ドロ.....掘り始めて1時間、18m地点で泥水が噴出す。思わず鳥肌。コンサルタントは36m地点で水がでるとの報告をしているとのことで37m地点まで掘り続ける。

水量を測ると毎分45リットル以上の水量。鉄量も規定値以下。十分すぎる数値。その他、どの地点から水が沸いているかの調査等も行われる。

ここまでの作業に約4時間。重機を使うとはいえかなりの重労働。

この日掘った井戸が実際に使えるようになるには、調査や工事等でもうすこし時間がかかるとのこと。

当日の作業終了後、村人たちがご馳走を振舞ってくれた。シマ・ンピルのディオ・チキン。このあたりでは大変なご馳走なハズ。働いても居ない私にまで食べてくださいとのこと。ありがたい。このゴハンがとにかく美味しくって。感激。

とにもかくにも良い経験。

a0003089_21112094.jpga0003089_21115675.jpga0003089_21123092.jpg
a0003089_21131077.jpga0003089_21135255.jpga0003089_21142288.jpg
a0003089_21151351.jpga0003089_21162126.jpga0003089_21174166.jpg
a0003089_21183736.jpga0003089_21191638.jpga0003089_21195664.jpg
a0003089_21202985.jpga0003089_21205984.jpga0003089_2121266.jpg

[PR]
by ayumifukita | 2007-07-26 21:02 | 学欲 | Trackback | Comments(2)

マラウイのミニバス

a0003089_2111197.jpg

マラウイの庶民の足といえばミニバス。近距離から遠距離までをカバーする国民的交通機関。日本で役目を終えたマイクロバスに集金等を行うコンダクターと運転手コンビが乗り込み、お客を運ぶ。

日本でだったら定員10名程度のはずの車に、ここマラウイでは22名の客を乗せて走る。

日  本:1列3名×3列+前列1名+運転手
マラウイ:1列4名×4列+前列2名+コンダクター+運転手

要するにギュウギュウ(笑)

私が住むBlantyre県から首都Lilongweまでの所要時間5時間。5時間を、この人数、この状態で走り続ける。写真は本日LilongweからBlantyreに帰ってきた際に乗ったミニバス。料金は片道880MK(約880円)。この路線は長距離路線のせいか毎回出発前にお祈りアリ。

2800MK(約2800円)ほどだせば高級サロンバス(ジュース・スナック付)に乗れるんだけど、サロンバスは時間に融通が利かないのと値段が高いのとでここんとこご無沙汰(笑)
[PR]
by ayumifukita | 2007-07-26 02:28 | 旅欲 | Trackback | Comments(2)