http://fukita.exblog.jp

fukita.exblog.jp

<   2006年 03月 ( 43 )   > この月の画像一覧

天然冷蔵庫

a0003089_18392857.jpg


相撲教習所ってあるってしってる?
[PR]
by ayumifukita | 2006-03-31 18:39 | 言欲 | Trackback | Comments(2)

20代最後の誕生会

a0003089_18303787.jpgかずちん20代最後の誕生会。

ケーキとシャンパンでおめでとう。
来年の今頃は何してるんだろうね。
[PR]
by ayumifukita | 2006-03-31 18:31 | 言欲 | Trackback | Comments(0)

お城とさくらとりんごのまち

a0003089_18213099.jpg


久々に実家弘前に帰省してまいりました。

金曜夜、仙台から高速バスで弘前へ。翌日、五能線を乗り継いで列車で青森へ。大満喫。
水曜の朝一、ボスの車で一路福島県いわき市へ出張。一泊して昨日仙台へ帰りました。

なんだかんだで、東北丸かじりの旅。

ゴールデンウイークは、念願の白神山地ツアー決行予定!!
[PR]
by ayumifukita | 2006-03-31 18:26 | 言欲 | Trackback | Comments(0)

秋田で彌生


mixiの日記で草間彌生BOX写真をみて大感動。
彼女のサイトをみていたところ秋田で草間彌生展やってるみたい。

-------------------------------------------------------------
http://www.fmoca.com/index.htm
2006年3月19日-2006年5月14日
フォーエバー現代美術館ギャラリー開館記念
草間彌生展「YAYOI in FOREVER」
フォーエバー現代美術館ギャラリー(秋田)
-------------------------------------------------------------

すげーいきたいなー。これ。

-----------
どうでもいいことかもしれませんが知り合いが草間彌生にそっくり。くりそつ。
しゃべり方も、キテレツさもそっくり。わかってくれる人がいないのが残念。
http://www.yayoi-kusama.jp/
[PR]
by ayumifukita | 2006-03-23 21:18 | 観欲 | Trackback | Comments(2)

大阪弁にキュン

大阪からやってきたヒトと仕事をした。
大阪在住の大阪人と仕事をするのはたぶん初めて。

大阪弁での問いかけに、いちいちキュンとする。

標準語をしゃべろうとしている中で、大阪なまりがポロッとでるってシチュエーションが特にツボ。

英語の次に話せるようになりたい言葉は大阪弁だな。
[PR]
by ayumifukita | 2006-03-23 20:04 | 言欲 | Trackback | Comments(0)

レモンちゃん


「2歳児からの幼稚園入園」

私には幼稚園児経験も保育園児経験もない。

幼稚園でもなく、保育園でもなく、「児童館」に通っていたせいである。児童数減少により今はすでに廃館となってしまった「楢の木児童館」というとてもちいさな児童館。

当時、近所の子たちはほぼ100%、この「楢木児童館」へ通っていた。しかし、私たちの1歳下ぐらいの子から、隣地区の「こひつじ保育園」に通う子がチラホラではじめた。

こひつじ保育園は、「バスでの送り迎えあり」「おいしい給食あり」という、「20分かけての徒歩通学」「毎日お弁当持参」である楢の木児童館児童にとっては、まるで夢のようなチビッコライフを送ることができるシステムの保育園。

"楢の木児童館上がり"の子たちにとって、"こひつじ保育園上がり"の子たちは、ある意味「エリート」。自分たちとは身分の違う"良いとこの子"のイメージ。

私の通う楢の木児童館は、通常3歳からの入園が通常なのであるが、何人かの児童は2歳から通っていた。かくいう私も、2歳児のころから通っていた子のヒトリ。

そもそも、「年少(3歳児):たんぽぽ組」「年中(4歳児):チューリップ組」「年長(5歳児):ひまわり組」という設定であるこの児童館、2歳児で児童館に入学すると、無条件に「たんぽぽ組」を2回経験することになる。要するに"だぶる"ことになる。

まだ3歳の若さで、強制的に「留年」という経験をするはめになるのだ。残酷すぎやしないか?

私の誕生日は6月末。1歳10ヶ月で児童館に入園したこという計算になる。尚早すぎやしないか?

なぜ、我が母あきゑが私を2歳児の時点で入学させようとしたのかは定かではない。

まだまだ若い夫婦の間に出来た第一子、目に入れても痛くないはず。にもかかわらず、まだヨチヨチ歩きカワイイ我が子を、自分の手が届かなくなる児童館に、なぜそれほどまでに早い時期に入れたのか。母の気が知れない。

機会があったら、その背景について母親を問い詰めてみたいと思う。
[PR]
by ayumifukita | 2006-03-22 19:21 | 言欲 | Trackback | Comments(0)

下町のナポレオン


普段は料理下手の私ですが、私でもレストラン並み(*当社比)の味を出すことができる品をご紹介。

a0003089_19172162.jpgこのパスタ、某ディチェコのパスタよりお安いというのに、間違いなく旨い。
このパスタ+アンチョビでレストランで食べるよりも旨いパスタができあがります。


a0003089_19173457.jpgちなみにこれは近所のスーパーの在庫一掃半額セールで買ったパスタ。
全粒粉のオーガニックパスタなんだそうです。どうやって食べようかと思案中。


-----------
今まで一番旨いと思ったパスタは藤沢のアルプリモ(本厚木にも支店があったはず)。
仙台だったら馬鈴薯だな。馬鈴薯の場合は、パスタというよりスパゲッティだけど。
[PR]
by ayumifukita | 2006-03-22 19:19 | 食欲 | Trackback | Comments(0)

ゴンベの森へ


先日図書館から借りた星野道夫著「アフリカ旅日記」を読み終えた。

星野道夫という人を、私はよく知らない。「”星野道夫”という人間が存在する」ということしか知らなかった。

本を読み終えて、あとがきを読んだ。

そこで初めて、星野道夫という人がどんなことをしてきた人かということを知った。既に故人であるということを知った。

そして、この本が、星野道夫がカムチャッカに旅立つ前日に脱稿した書だということを知った。
[PR]
by ayumifukita | 2006-03-20 17:51 | 読欲 | Trackback | Comments(0)

ショートショート


「やっぱりね、体つきがそんな感じだもんね」

学生時代、ソフトボール部だった私。そのことを話すと大概の人間がそんなリアクションをする。

初めての試合はピンチランナー。最上級生が引退した秋季大会からレギュラーになれたものの、レフトで7番。その後、最上級生になりショートで1番。

最後の公式試合、両親が応援しにきてくれたにもかかわらず、まさかのトンネル。昔はものすごく強かった我が中学ソフトボール部の、まったく勝てない暗黒時代の部員であった。

当時の青森県、野球のテレビ中継は巨人戦のみ。そのせいか否か一応私は巨人ファン。松本・篠塚・中畑・吉村・クロマティ・原、そして大好きだった山倉。

a0003089_1717514.jpg昨日のWBC日本V.S.韓国を見た。野球中継をみるなんて何年ぶり。

スポーツ観戦ときたらアルコールはかかせない。近所のスーパーで買った赤ワインをグビリ。

途中、番組がゴルフに変わる。最後まで野球をみれないことを悔やんでいると、ゴルフ中継の脇に野球の窓。結局そのまま野球を見続ける。




a0003089_17181993.jpg野球のあとは大相撲中継。残念ながら、寶智山は負けた様子。4勝4敗。

ごめん、野球にみとれて取り組み見れなかったよ。
[PR]
by ayumifukita | 2006-03-20 17:39 | 言欲 | Trackback | Comments(2)

今日は寄り道できません

お昼を買いに行こうとおもったら、カバンにお財布がありませんでした。

昨日はついつい飲みすぎてしまい千鳥足で帰宅したのですが、もしかしてどこかに落としてしまったかもと気が気ではありません。お財布の中には、保険証・免許証・クレジットカード等、生きるための必要なアイテムがたくさん入っています。

隣の女子からの差し入れマフィンをほおばりながら、お財布が家にあることを願うばかりです。
[PR]
by ayumifukita | 2006-03-20 12:44 | 言欲 | Trackback | Comments(2)