http://fukita.exblog.jp

fukita.exblog.jp

<   2005年 06月 ( 61 )   > この月の画像一覧

じてんしゃほしい

http://store.yahoo.co.jp/watch-me/oj005wb.html

驚くほど安いので買う予定。
他、情報ありましたらおしえてサミアドン。
[PR]
by ayumifukita | 2005-06-28 22:47 | 物欲 | Trackback | Comments(0)

天国と地獄

天国と地獄。

天国。

エジプト旅行で壊してしまったデジカメの保険金が下りた模様。20500円から手数料の3000円を引いた金額が振り込まれているハズ。未チェックですがウレシスギ。

カード付帯の海外旅行保険だけに、ウレシさもひとしお。「ソナエアレバウレイナシ」

地獄。

ガーナ出身の先生に男に間違えられた。最初はジョークかとおもってたんだけど、本気で間違ってた模様。本気で謝られまくった。謝られれば謝られるほど空しさがこみ上げる(笑)

小さいころはよく男の子にまちがえられてたけど、30過ぎてからはキツイ。

----------------
隣の建物の警報機が鳴りまくってる。大丈夫かなぁ?
[PR]
by ayumifukita | 2005-06-28 22:21 | 言欲 | Trackback | Comments(0)

平成十七年七月場所

平成十七年七月場所 番付発表。

寶智山は幕下東九枚目
http://sumo.goo.ne.jp/hon_basho/banzuke/ban_3_1.html

愛知県体育館にて7月10日~27日。
[PR]
by ayumifukita | 2005-06-28 00:37 | 言欲 | Trackback | Comments(0)

朝霧JAM日程(仮)

朝霧JAMのオフィシャルサイトでボランティアの募集が始まったみたい。
http://www.asagirijams.org/

------------------------------------------------------------------
富士宮市朝霧JAM実行委員会では、2005年10月1日(土)~2日(日)にかけて行われる予定の“ It's a beautiful day Camp In 朝霧Jam ”の運営に協力いただけるヴォランティアスタッフを募集します。
------------------------------------------------------------------

かねてからの噂どうり、10/1(土)~2(日)で開催されるようですな。
[PR]
by ayumifukita | 2005-06-28 00:13 | 旅欲 | Trackback | Comments(0)

545min.

久々のフレデリック・ワイズマン作品鑑賞。

『DV2』 アメリカ/2002年/160分/山形国際ドキュメンタリー映画祭2003 招待作品

ワイズマンのドキュメンタリーって、とりあげる題材が面白い。前作にあたる『DV』は未見であるが、『DV2』は苦笑いの連続。裁判官、検事の苦労がうかがい知れる。

ちなみにDVとは「ドメスティックバイオレンス」とのこと。夫婦または長いこと一緒に住んでいる恋人どうしの喧嘩に暴力がからむと、「ドメスティックバイオレンス」になるという。DV法が施行された今、どんな些細な喧嘩でも暴力が発生すれば即逮捕。ちょっとしたカスリ傷でも、傷が証拠になる。DVの。

フィルム上で、警察官が「なぜ逮捕されるのか?」「なぜ逮捕しなければならないのか」「なぜ見逃すことができないのか?」を、加害者に懇々と説明しているのであるが、なるほど説得力がある。

法廷での審理シーンが延々と続くドキュメンタリー。とにもかくにも、人間は愚かな生き物だということを痛感。男より女が愚かに感じてしまったのは気のせいか。私もダメな男にだまされる相らしいので気をつけよう(笑)。

160分、飽きずにみれました。

せんだいメディアテーク(smt)で行われている「ドキュメンタリー:あの場所を生きる記憶」は明日まで開催。(本日は『阿賀に生きる』等が上映予定)

去年の山形国際ドキュメンタリー映画祭(YIDFF)で大賞をとった『鉄西区』。なんと545分の作品。今回smtでのイベントでは土曜に上映。チャレンジしたつわものはたったの15人だったとのこと。(うち、数名が途中で脱落)

去年は朝霧JAMかなんかのイベントと日程がかぶって参加できなかった山形国際ドキュメンタリー映画祭。今年は参加したい。

http://www.city.yamagata.yamagata.jp/yidff/home.html

---------------------
山形在住の英会話学校の先生とYIDFFのネタで盛り上がったとき、彼女は「YIDFFの時期、山形にはクレイジーな人間がたくさんあつまる」って言ってた(笑)
[PR]
by ayumifukita | 2005-06-27 23:59 | 観欲 | Trackback | Comments(9)

S21, the Khmer Rouge Killing Machine

メディアテークで行われている「ドキュメンタリー:あの場所を生きる記憶」で以下のドキュメンタリーを見てきた。

『S21クメール・ルージュの虐殺者たち』S21, the Khmer Rouge Killing Machine
フランス/2002年/101分/ビデオ/2004年山形ドキュメンタリー映画祭優秀賞
カンボジアにあるかつての政治犯収容所「S21」。クメールルージュの大虐殺による加害者と被害者をその場に集め、非人間的で過酷な日々を再現していく。証言で明らかになる事実の数々、対峠する二人のやりとりの迫真性が25年というときを超える。カンボジア生まれである監督の、故郷への思いが静かに脈打つ。(チラシより拝借)

「Killing Machine」....この言葉は人間を指している。恐ろしい言葉。

数年前、友人達がカンボジアへ行き、収容所を見学してきたという話を聞いたことがある。今にして思えばそれがかつての「S21」 。現在は虐殺博物館。床に血の跡があったり等、ものすごい衝撃を受けたという。

「S21」では、1975年から79年にかけて1万7千人の人間が拷問や尋問を受け処刑されていったという。生き残っているのはたったの3人。

クメール・ルージュ

このドキュメンタリーは、生き残った人間(被害者)と、命令によって虐待を行わなければならなかった人間(加害者)をS21にあつめ、当時を証言していく。

「たった25年前の出来事」

あれほどまでに行きたかったカンボジア。なのに私はカンボジアのことをなんにも知らない。

私が生まれたのが1973年。
クメール・ルージュがカンボジアを支配しはじめたのが1975年。
[PR]
by ayumifukita | 2005-06-27 23:33 | 観欲 | Trackback | Comments(0)

チェック!!チェック!!チェック!!

a0003089_23221930.jpg我が家の温度計が25℃以外を指したところを見たことがないと嘆いてみたところ、妙案をいただきました。

「冷凍庫にいれてみたら?」

早速冷凍庫に入れてみたところ、25℃以外の温度も指せるということを確認できました。

妙案サンクス。
[PR]
by ayumifukita | 2005-06-26 23:25 | 言欲 | Trackback | Comments(0)

またね

a0003089_15133311.jpg来月も来仙決定。

またきてね、みっちゃん。
[PR]
by ayumifukita | 2005-06-26 21:52 | 言欲 | Trackback | Comments(0)

鼻が気になる

「緑玉紳士」をみてきた。

「モリヲが大絶賛してたよー。わやおもしれーって」

というちあきんの言葉を聞き、青森から遊びに来ているみっちゃんを誘ってみた。
日曜夜にヒトリでこっそり見に行こうと思っていたのであるが。

とにもかくにも「鼻」が気になる映画。どーぅしても気になる。

そして今、最も次回作が気になる監督が栗田監督。
監督、期待してますよー。にやり。

そして、面白い映画どうもありがとーございました。

---------
(1)一緒にいったみっちゃんは、音楽がものすごく気に入った様子。

(2)特典映像満載のDVD発売が決定しているとのこと。
買いますとも。もちの論で。
[PR]
by ayumifukita | 2005-06-26 21:51 | 観欲 | Trackback | Comments(0)

念願のブラッセリーノート

a0003089_1541078.jpga0003089_1541762.jpga0003089_154263.jpg
a0003089_1543236.jpga0003089_1544096.jpga0003089_1544875.jpg
a0003089_1545892.jpga0003089_1551411.jpga0003089_1552693.jpg

みっちゃんも大絶賛。私も大絶賛。シェフ!!旨すぎました!!ごちそうさまでした!!
[PR]
by ayumifukita | 2005-06-26 15:08 | 食欲 | Trackback | Comments(0)