http://fukita.exblog.jp

fukita.exblog.jp

カテゴリ:知欲( 45 )

Moringa Powder

a0003089_2243743.jpg


いただいたマラウイ土産の中にマラウイ産モリンガパウダーを発見!これ、凄いんだから!これはやばい!しかもOVOP製品!ありがとう先輩!

http://www.ovop.org.mw/

写真取るとき、キーボードに緑の粉をぶちまけた。まだ封をきっていないのに不思議。



--------------
ちなみに賞味期限を三年ほどすぎてる。個人的には全く気にならないけど(笑)
[PR]
by ayumifukita | 2013-04-22 22:47 | 知欲 | Trackback | Comments(0)

お鮨屋で食べる巻物が旨すぎる件

a0003089_92242100.jpg


沖縄に家族旅行にいったという友人から沖縄土産。ロイズのチョコが沖縄仕様になってた。くくりで言えば日本土産。パッケージが沖縄感100%。他、カルシウム入りの塩。いつもありがとう、友人。

他、イノダコーヒとかもいただいちゃった。

で、仙台駅にある、お鮨通りのお店で食事。観光客が行くとこだって思い込んでたんだけど、お気軽にお鮨食べるには良い場所。なにしろ入りやすい。そして、明朗すぎるぐらいのお会計。

お鮨屋で食べる巻物がいかにうまいかということを思い知らされる。今まで、お鮨屋では巻物を積極的にたべてなかったんだけど、心を改めることにした。

他、カワハギのお刺身に唸りまくり。肝がキモ。キモが肝。



----------------------------
パソコンがいよいよ瀕死状態。あとちょっとだ、耐えるんだ。
[PR]
by ayumifukita | 2013-02-02 09:47 | 知欲 | Trackback | Comments(0)

The Tohoku University Museum

a0003089_1330476.jpg

Webで見つけた東北大学総合学術博物館へ。

http://www.museum.tohoku.ac.jp/

iPhoneの地図をたよりに向かったわけですが、なかなか見つけられず。標本館ならあるんだけど......博物館はどこかしら.....と散々迷いまくり、結局、電話。

目の前の「標本館」と書いてある建物が「博物館」だった。まぎらわしすぎる。入場料150円。お値段以上。アンモナイト天国。ジュラ紀とか白亜紀とか、その言葉だけでも心躍る。

a0003089_1330831.jpg

[PR]
by ayumifukita | 2012-04-15 13:36 | 知欲 | Trackback | Comments(0)

The danger of a single story

a0003089_8453224.jpg


The danger of a single story:シングルストーリーの危険性
http://www.ted.com/talks/lang/eng/chimamanda_adichie_the_danger_of_a_single_story.html

画面下の"subtitle available in"でJapaneseを選ぶと日本語字幕でます!!
[PR]
by ayumifukita | 2010-10-30 08:48 | 知欲 | Trackback | Comments(0)

深浦 円覚寺

a0003089_2185538.jpg

恒例行事「深浦ちゃんちゃん祭」ツイデニ行った「円覚寺」に大感激。ツイデは「ちゃんちゃん」の方だったのかも........

http://www.engakuji.jp/

実は去年も訪れたんだけど、電車の時間(しらかみ号)とのかねあいで、中を見ることができなかった私。今年はどうしても中を見たいと思い、ほかの寄り道をすべて我慢して、まっすぐ円覚寺へ。

ツアー代金400円。いやー、スバラシイの一言。

ここ、ぜったいにいくべき場所ですぜ青森県民の皆さん。ここに行かずして何処に行くというぐらいの、マストな寺。

ここ、深浦は津軽藩の藩港だったとのこと。その関係かいろいろな寶がある。ほか、アーティスティックな家系(このお寺は、ほかのお寺とちがって世襲制:"結婚が許されているため子孫が家を継")というのもあり、ここの和尚様が書いた・創造した品がとにかくスバラシイ。

小さな凡字を組み合わせて書いた字(虫眼鏡で見るとまぁ感激)、海が荒れた際に願掛けとして切ったというチョンマゲ多数(テレビで見るより細い!!)、人毛で刺繍をした仏様の絵等、みたことない品がたんまり。

しかもこのお寺、平安時代からこの土地にあったというから、更に驚き。......こ、こんな場所に、こんなスバラシイ寺が.....

車力の神社のときにもおもったけど、まだまだ知らないことがたくさんあるんだな、青森県。
[PR]
by ayumifukita | 2010-10-18 21:21 | 知欲 | Trackback | Comments(0)

http://www.artstowada.com/gp/start.html

a0003089_2348726.jpg
a0003089_23481561.jpg

出張帰りに撮影してきたぜ。
[PR]
by ayumifukita | 2010-04-06 23:48 | 知欲 | Trackback | Comments(0)

ナマハゲを知る、見る、体感する。

a0003089_23331371.jpg

十二湖の青池目指して弘前を出発するも青池目前にて大雨。肝心の青池は見れずで。どうしようかと散々迷った挙句、男鹿にある「なまはげ館」に行こうぜという話に。

看板を頼りに目指すは「なまはげ館」。

16:10、なまはげ館到着。16:30からの「なまはげ体験」に無事間に合う。ラッキー。ラッキーなことは続くもんで、座は、な、なんと、かぶりつき。

実は私、これがなまはげ体験3回目。それでも楽しいなまはげ体験。1回目のときは、あまりの乱暴さに腹をたてたんだよね、私(笑)

で、なまはげ、いい感じに客をいじり、子供を泣かせ.......そして、いい感じでなまはげにいじられる私。いやー、本気で怖かったよ、生なまはげ。

なまはげ芝居の後は、なまはげコスプレ。同行者がなまはげに変身していく姿をカメラにおさめる。演技指導なんかもあって、かなり本格的。今度は私もコスプレしたい。

そして、なまはげドキュメンタリーフィルム鑑賞。いやー、このフィルムを見るのもこれが3回目なんだけど、何度みてもすばらしい、そこいらの映画の100倍は面白い。何億かけたってアレ以上のフィルムはとれない。

そして、そして、何度観てもすばらしいなまはげ100体。1人ぐらい人形ではなく本物であってほしいという欲望にかられる。動け、動け。

そんなこんなのなまはげ体験。

おみやげに、ルチャリブレ風のなまはげお守り買えたし、なまはげに勝るとも劣らないすばらしい神社もみれたし、大満足。いやー、ラブ秋田。

帰りは大館経由で青森へ。運転は同行者におまかせでねちゃいましたの、私。ごめんなさい。
[PR]
by ayumifukita | 2009-08-13 00:13 | 知欲 | Trackback | Comments(0)

ハローとタウンと

a0003089_232648.jpg

なんのへんてつもない電話帳。いや、なんのへんてつもなさそうに見えて実はそうでもない電話帳。

a0003089_2332073.jpg

みてみてーー!!こーーーーんなに薄いの!!

青森県の津軽地方(県庁所在地青森市を含まず)をカバーするってのにこの薄さ。泣ける。
[PR]
by ayumifukita | 2009-07-24 23:06 | 知欲 | Trackback | Comments(2)

ニッポンでテイラーごっこ

a0003089_2241816.jpg

やんごとない理由で、エプロンが必要になる。せっかくなので作ろうとおもいたち、父がNHK歌謡コンサートをみている横で、チクチク、ガタゴト、と、テイラーもどきの作業を始めてみる。

テレビでは天童よしみがホストみたいな若手演歌歌手と演歌を歌っている。それを横目に、母に手伝ってもらいながら布(もちろんマラウイから買ってきたチテンジ)をカットしていく。

カットの次はミシン。こう見えて裁縫好きである私(実はmixiのミシンコミュにもはいってる)、10代の頃に購入したミシンをキッチンに運び出し、見事な直線縫いを展開。

マラウイのテイラーだったら10分かからないであろう作業を、約2時間ほどかけて完了。近くでみると粗がめだつが、そこそこいけてるエプロンができた。ナイス、私。

出来上がり後は、自宅キッチンにてできたてホヤホヤのエプロンをしめてセルフショット。マラウイにいたときと、やってることがおんなじだ(笑)
[PR]
by ayumifukita | 2009-04-21 22:57 | 知欲 | Trackback | Comments(1)

不思議の大陸アフリカ

a0003089_3134532.jpg

先日、「アユ、郵便が届いてたよ」と言われて受け取ったハガキはエチオピアからやってきたもの。投函日2007年11月8日。受け取った日2008年5月末日。

エチオピアといえば、マラウイに接してはいないものの、まぁ、ご近所の国。そのエチオピアからマラウイまで実に6ヶ月の歳月を経て私の手に届いたということ。

ありえない。

時同じくして、ニッポンのくるつさんからメール。「マラウイからのDVD、もう届きました」とのこと。そのDVDを投函したの、先週の水曜午後なんだけど.....マラウイから遠く日本までの道のりを10日ぐらいしかかかってない計算。

同じ大陸間でありながら、6ヶ月を要したエチオピアからのハガキ。地球の裏側といっても過言ではない日本まで10日で到着したDVD。

不思議の大陸「アフリカ」
[PR]
by ayumifukita | 2008-06-02 03:14 | 知欲 | Trackback | Comments(0)