http://fukita.exblog.jp

fukita.exblog.jp

さくらとりんごのまち

弘前公園の桜についてのテレビ番組をみた。

案内役の俳優さんが「東京の桜は見上げる感じなんですけど、弘前の桜は目線ありますねぇ」的なコメントをしていた。たしかにそうだ。

弘前公園の桜の木は、リンゴの木に似ている。青森県のリンゴの木は、枝が横に広がってる。昔、長野のリンゴ畑を見たことがあるんだけど、長野県のリンゴの木は、青森のリンゴの木とはちがい横に広がってはいなかった。素人目に見てもまったく違う。目の前に、青森のリンゴ畑と長野のリンゴ畑の写真をだされても、どっちが青森か見分けがつく。そのぐらい、木が違う。

弘前公園の桜が「目線」にある、つまり木が縦ではなく、横に広がっているとすれば、それはリンゴの剪定(せんてい)とおんなじ方法なんではないかなとおもったら、かつての弘前公園の樹木医は、リンゴ農家に剪定を習いにいったんだそうで。(剪定とは:作業がしやすいように、またリンゴに日光があたりやすいように、リンゴの不要な枝を切る作業。枝を切ることによって、大事な栄養が不要な枝に行かないようにする意味もあるらしい)

弘前の桜がすばらしいのは、美味しいリンゴを育てるノウハウが桜にも生かされてるからってこと。なんと、すばらしい。そして、リンゴ農家の娘的に、こんなに喜ばしいことはない。

番組に出演していた桜に関する著書がある桜プロがいうに、弘前公園の桜管理能力は全国でもずばぬけているとのこと。なるほど。

途中でマイクが写っちゃったり、編集が超雑なとことか、けっこうあったけど、なんだかんだで、良い番組だったなぁと。こういう番組をゴールデンでやってしまうあたりがスバラシイ。

ちなみに、題字は佐藤初女さん、歌はタテタカコさんであった。

--------------------------------------------
余談ですが、我が家の畑でとれたリンゴも地方発送開始したそうです。「ひろさきふじ」家庭用10キロ(2段箱36コぐらい)は送料込みで3,000円(応相談)、贈答用は4,500円。ご家庭用はもっと安いものもアリなんだそうで。詳細知りたいヒトはメールか、鍵コメントしてみてください。ちなみに明日から出張なんでお返事おそくなるかも。
[PR]
トラックバックURL : http://fukita.exblog.jp/tb/8972890
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by ayumifukita | 2009-09-16 21:18 | 言欲 | Trackback | Comments(0)