イモトさんのこと


先週だったかの「イッテQ」という番組で、イモトさんがキリマンジャロに登頂してたのをみた。

アレ、マジですごいこと。

私自身、キリマンジャロに登ったことはないんだけど、マラウイにいたころ、沢山の先輩たちがキリマンジャロを目指してタンザニアに行っていて、そのほとんどが高山病にヤラレて、登頂できなかったのを知っている。

先輩たちには、普通のヒト以上の体力と精神力があった。それでも登頂できなかった。

タンザニアに長いこと住んでたサトウ夫妻から、キリマンチャレンジ失敗して入院した日本人や、運悪く亡くなってしまった方のお世話を、何度もしたってことも聞いてるし。

とにもかくにも、それぐらい、キリマンジャロ登頂に成功するってことはすごいこと。

そもそも、私がイモトさんをはじめてみたのはマラウイから帰国したその日。彼女はボリビアの首都ラパスでプロレスをしていた。信じられなかった。あのラパスでプロレス。

ナニが信じられなかったって?ありえないもん、あの酸素の薄いラパスで運動をするってことが!!

ボリビアに行った経験のあるヒトならわかると思うんだけど、ボリビアラパスにある空港はたしか世界で一番高いところにある空港。たしか標高4000mはある。

ラパスの街じたいは4000m以下なんだけど、それでも3000m台。富士山の頂上ぐらいの標高はある。ということで、当然、酸素が薄い。普通に歩くのもツライ。坂なんて本気でツライ。歩いても、歩いても、前にすすまない。そんな場所。

津軽平野育ちの私にとって、ボリビアは高山病との闘いだった。(また絶対にリピートするってぐらいスキな国だけど)

おしゃべりしながら歩いたりとか、ほんとに無理。しゃべることがこんなにパワーがいることなんだなってこと、ボリビアで知った。ほんとにキツイ。

その地で、あんなにハードなプロレスするなんて、私にとっては考えられないこと。

イモトさんは、私の中で、いま一番、すげーなって思える女性。いや、マジで、今、一番、友達になりたいヒト。「友達になってください」なんて、恥ずかしくて絶対にいえないんだけど(笑)



--------
昨日、ジムで、竹中直人がテレビにでてるのチラ見したんだけど、恐ろしくステキなスーツ着てた。あれ、マリメッコかな?私もほしいんだよねー、マリメッコのワンピース。すげーほしい。
[PR]
トラックバックURL : http://fukita.exblog.jp/tb/8557789
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by nakashy at 2009-07-06 21:08
週末に成城学園の駅前で竹中直人を見た。
息子と妻らしき人と一緒に歩いてたんだけど、メガネとかもせずに何も隠さずそのままだった。
Commented by ayumifukita at 2009-07-06 22:30
青森に住んでると、ゲーノージン見るチャンスなんてほとんどないなぁ。いや、会いたいってわけでもないけど(笑)

竹中直人みたいな人間になりたい。いろんな意味で。どんだけ年齢を重ねても、派手なワンピースとか似合うような感じのヒトとか、かっこいいよね。

ってことで、竹中直人とバッタリ会えるトウキョウという土地に住めることが超ウラヤマシイ。
by ayumifukita | 2009-07-04 10:04 | 言欲 | Trackback | Comments(2)