http://fukita.exblog.jp

fukita.exblog.jp

ナミビア・香港ぶらり旅 8日目

5:00。起こされる。暗い。寒い。なのにルイスはタンクトップ。なんだこのヒトは。明日も連泊なので荷物だけまとめテントはそのまま。

6:10。出発。まだまだ寒い。まだまだ暗い。それでも出発。

7:00。ガイドのウィルソンが居眠り運転をしているのをミラー越しで発見したアメリカ人嫁が我々メンバを集め作戦会議。結果、なぜか私がウィルに声をかけることに......「ウィル、大丈夫?コーラ飲む?」なんて声をかける。バツの悪い顔で、バックミラー越しに私たちをみるウィル。一同、ほっと胸をなでおろす。

ウイルの目を覚ます作戦大成功。

a0003089_8505797.jpgどこまでもどこまでも、道はづついてく。

8:00。Luderits到着。Luderitsは港町。ガイド・アシスタントを車にのこし我々メンバは船に乗り込む。ここの代金は自腹。値段は失念。たぶん200ナミビアドル(約20USD)程。

船に乗り込みみなで仲良く並んで座る。そして、写真撮影しまくり。しばらくすすむと船のスタッフが私の肩をたたき水面を指差す。指した先にはペンギンが泳ぐ姿。猛烈かわいらしい。スイースイーと音がしそうな勢い。

しばらくしてイルカの大群が船の下を泳いでいるのを発見。イルカたち、なぜか大サービス、ジャンプしまくり。船上のお客、大盛り上がり。当然、我々も大喜び。

a0003089_8514297.jpga0003089_8515391.jpg

40分ほどで小さな島に到着。ペンギンがたくさんいる島。その隣の島には廃屋。ガイドの説明によると、昔ダイアモンドを採取していた人たちが住んでいた家なんだそう。

ここLuderitsの海にはたくさんのダイアモンドが沈んでいたんだそうで。まだあるのかもしれないけど。

折り返し地点を過ぎたあたりで、大きなマグカップに、甘くて温かいココアのサーブあり。なんとすばらしいサービス。

甘くて、あったかくて。とても幸せな気持ちになる。

a0003089_8522438.jpga0003089_8524395.jpg
a0003089_8542150.jpga0003089_8543539.jpg

10:30。港に到着。本日のランチはレストランで。各自オーダ。13:00に戻ると伝えゴーストタウンツアーへ。

この場所は、その昔、ダイアモンドを発掘する人々が住んでいた街が、ダイア発掘終了後にゴーストタウン化んだそうで。街じたいは1860年にオープン、当時250人あまりのドイツ人とナミビア人が住んでいた。100年ほどで発掘が終了し人々が移動。そしてゴーストタウン化。街には、映画館・学校・発電所・ボーリング場等の廃墟がたくさん。

a0003089_8545554.jpga0003089_855999.jpg
a0003089_8553056.jpga0003089_8554426.jpg
a0003089_8561893.jpga0003089_8563216.jpg
a0003089_8564782.jpga0003089_857191.jpg
a0003089_8573052.jpga0003089_8574577.jpg
ドイツ女子ナタリーによると看板はドイツ語でかかれているとのこと。

ほとんどの廃墟は砂の中。砂の中を歩くのは一苦労。1時間ほど見学。

見学終了後、ランチをオーダしたレストランへ戻る。ビールをすすりながらトーク。私がオーダしたのはお魚。海のない国で2年も生活していると、とにかく海の魚が恋しくなる。ライムとハーブのソースがかかった白身のお魚。まぁまぁ。

a0003089_903193.jpga0003089_904641.jpg

食後はみんなで散策。ビールを買うため酒屋へ。話し合いの結果、みんなでお酒を買って夜に飲みましょうという話になる。せっかくなのでアフリカのお酒を購入することに。アマルーラというカルアミルクに似たお酒を購入。

a0003089_911841.jpgマラウイでもポピュラーな南ア産のお酒。日本でも手に入るという情報キャッチ。

カルアミルくよりもベイリーズよりも俄然安い。

15:00。再度車に乗り込み「sand rose」というその名のとうりバラのような形をした石が取れる場所へ。まずはsand roseを国外に持ち出すために必要な証明書をとりにいく。そこで Sand Rose堀の名人をピックアップし海岸に程近い場所へ移動。まだお昼だってのに猛烈に酒臭い名人(笑)

現場到着。名人が穴を掘る。穴から出た塊に水をかけると、sand roseが現れる。なんとびっくり。

a0003089_912041.jpga0003089_913328.jpg

買い物袋2杯ほどのsand roseを採取。港へ戻る。出発まで1時間ほどあるとのことなので、近くのコーヒーショップへ。ガイドによるとこのコーヒショップはすごく有名なんだとかで。なんで有名なのかわかんないけど。コーヒショップではバニラシェイクをオーダ。おいしい。

a0003089_921266.jpgみんなでおしゃべり。至福のとき。

16:30。キャンプ場へ移動開始。途中、マウンテンホースがいるという場所へ行く。お馬さん見学。

a0003089_925794.jpg

キャンプ場到着。デジカメを充電するため歩いてレセプションへ。ドイツ女子ナタリーと片道20分歩く。ドイツの休暇事情、旅行ネタ、彼氏ネタで盛り上がる。あぁ、もっと英語しゃべれたら、もっと楽しかったのに。

キャンプサイトに戻りシャワー。今夜も冷える。

a0003089_923790.jpg夕食はボロネーゼ。うまい。今日のディナーは特にうまい。


食後は焚き火を囲みながらみんなでアマルーラを飲む。ホットココアにアマルーラ。あったまる。最高。電気がないので星がとにかくきれいに見れる。上等な双眼鏡で星をみる。不思議な気持ちになる。


1日目 2日目 3日目 4日目 5日目 6日目 7日目 8日目 9日目 10日目 11日目 12日目 13日目 最終日
[PR]
トラックバックURL : http://fukita.exblog.jp/tb/8187805
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by ayumifukita | 2009-04-18 09:04 | 旅欲 | Trackback | Comments(0)