http://fukita.exblog.jp

fukita.exblog.jp

ナミビア・香港ぶらり旅 7日目

6:00。起床。テント撤収。

スクランブルエッグなんかの朝食。マラウイでは毎朝バナナを食べていた私、聞くとナミビアではバナナがとれないらしく、食べられる時期も限られているとのこと。バナナが恋しい。

9:00。出発。ぶどう畑からぶどうの差し入れアリ。1ケース。たべてみたらこれまた旨い。この時点から、ぶどう食べ放題。購入したのかもしれないけど。

a0003089_8302428.jpga0003089_8303674.jpg

ダート道の移動。とはいえ、首もげそうとまではいかないけどゆれる。

オレンジ川とフィッシュ川の合流地点にて停車。車から降りて写真撮影。ゴミにうるさいキレイ好きのルイスに誘われゴミ拾いに励む。マラウイに比べたらだいぶゴミがすくないナミビア、それでもゴミゼロではなく、ビンやら缶やら。

a0003089_8312487.jpga0003089_8315843.jpg

30分程度の滞在後、出発。まだまだダート。

12:00。ダート道終了のタイミングで拍手が沸き起こる。そんなにひどいダートではないけれど、やはりメンバにとってはかなりのストレスだったのかも。

Roth Pinah到着。スーパにて買出し。ビール等、いろいろ籠に入れてレジへ行くと、レジ打ちスタッフに今日は日曜だからビールは売れないと言われる。えええええええ、そんな話聞いたことないよ。何のルールかと問うもスーパが決めたルールとのことで。ガッカリ。もしかして宗教的なルールかもと思い「私はクリスチャンじゃないから売ってくれないか」と交渉してみるもダメ。残念。

しぶしぶあきらめる。

車にもどりアメリカ夫婦の夫スティーブンにその件を話したところスティーブンも買えなかったとのことで。すげーざんねん。

a0003089_8325416.jpg12人のりの車に大人5人なんでラクラク。社内では、眠ったり、おしゃべりしたり、パソコンしたり。とにかく快適。
a0003089_833469.jpgモザンビーク旅行でおおはまりしたレモンツイスト。ナミビアにもアリ。

買い物終了後、本日のキャンプ場に向けて出発。

13:30。本日のランチをとる場所に到着。到着とはいえ普通に道端。ナミビアの道端にはたくさんの屋根付のベンチが設置されている。その屋根付ベンチにてランチ。とはいえまわりには建物なんてない。そこにはただ道があるだけ。その道を通るトラックに手を振る。振り替えしてもらえると超うれしい。私は子供か。

a0003089_8365780.jpga0003089_8371157.jpg

本日のランチで話題になったのが年齢ネタ。ここで恐るべき事実発覚。誰もが絶対最年長だと思って疑わなかったデンマーク女子ルイスが私よりも10歳若いという事実。要するに、メンバ最年少。ありえん。

一同驚愕。ということで私、メンバ再最年長。ただ、ガイドのウィルソンが私より10歳上。アメリカ人夫婦夫スティーブンが33歳、嫁エリザベス30、ドイツ女子ナタリー27、ルイス24、アシスタントマーカスも20代。年齢ネタで大いに盛り上がる我々。

a0003089_8373787.jpg食後、スティーブンに「あゆ、道端に寝転んで。写真とってあげるよ」といわれる。それならお願いってことで、道の真ん中に寝転がり写真をとってもらう。


a0003089_8375868.jpgドイツ女子ナタリーの提案で遠近法を利用した手のひらジャンプ写真。大撮影大会。スティーブンの一眼レフでとった写真が恐ろしくステキ。聞くとアメリカ人夫婦はカメラマンとまではいかないものの、その手の仕事をしているんだそうで。どうりでステキな写真をとるわけだ。


私のアグレッシブなジャンプ姿を見た最年長ウイルソンが「オレのジャンプのほうがすごい」と言い出す。それじゃということでジャンプ対決。どっちが高くジャンプできるかを、スティーブンのカメラでジャッジ。

結果、30代の私が勝利。何度やっても私の勝利。猛烈にくやしがるウィル。

数え切れない回数のジャンプを経て、本日のキャンプ場に向けて出発。みなジャンプで疲れたのか車内はいつもより静か。気づくとみんな寝てる。

私はといえば、ランドスケープたのしみまくり。寝てる間に面白いこととかあったらもったいないからということで寝れない。学生時代から私、授業中とかぜんぜん眠れないタイプ。寝てる間に面白いことあったらもったいないから。

みんなが目を覚ます。誰かがヨガをやろうと言い出す。「アユ、あんたヨガできる?」と聞かれ、「やったことあるよ」と伝えたところ、じゃ教えてよという話に。……そんな教えるほど知らないし。

「へそに集中して」「ヨガで一番大切なポイントは呼吸法なんだよ」とか適当なこと言いながらみんなでヨガ。楽しすぎて死ぬ。

17:00。KELEIN AUSVISTA到着。このキャンプ場、電気がないキャンプ場なんだそう。それでも、太陽熱でホットシャワーあり、ライトあり。洗濯スペースもしっかりあるし。

ロケーションは最高だし、とにかくよいとこ。

とりあえずテントを張る。そして各自が好きなことをはじめる。

アメリカ人夫婦はそろって散歩。デンマーク女子ルイスは水着に着替えて日焼け、ドイツ女子ナタリーは疲れたとのことで昼寝。で、私、近くの山へハイキング。

a0003089_838479.jpga0003089_839395.jpg

片道1時間ほどかけて山のてっぺんにのぼる。眺めがよそすぎ。ヒトリは若干心細いが無事登頂。タイマーでセルフショット撮影しまくり。

しかし、暑い。日焼けは免れない。

同じぐらいの時間をかけて下山。のぼったときとルートを変えてみる。人間の手が加わってない分、落ちたら死ぬ覚悟で。いやー、大満喫。

洗濯、シャワー。日が長いので一日を長く使えてお得感(笑) その分、日の出も遅いのに。

暇なのでビールのみながら食事準備を手伝う。缶切から始まって、なべの中身をかき混ぜる等、あまり役に立っていないような感あり。それでも精一杯。

聞くと我らがガイドウイルソンは、今回お世話になったツアー会社内で行われているクッキングコンテストで優勝経験があるんだとかで。たしかに、このツアー、ほんとにゴハンが旨い。

今夜のメニューはチキンカレー。大きな鉄鍋でつくる。まずいわけがない。

煮込み時間、することもないので、デンマーク女子ルイスからデンマークのファッション誌を借りてペラペラめくる。たのしいしステキ。デンマーク、あこがれる。北欧。

a0003089_8393617.jpga0003089_839524.jpg
a0003089_840893.jpga0003089_8402179.jpg

全員が帰ってきたタイミングで夕食。標高が高いため昼とはうって変わって超寒い。持ってきた洋服をすべて着込む。食後のデザートはマシュマロ焼き。余所見してたらこげる。

a0003089_840434.jpgあいかわらず旨いゴハン。泣ける。

22:30。就寝。毎日がたのしい。

1日目 2日目 3日目 4日目 5日目 6日目 7日目 8日目 9日目 10日目 11日目 12日目 13日目 最終日
[PR]
トラックバックURL : http://fukita.exblog.jp/tb/8184421
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by ayumifukita | 2009-04-17 08:43 | 旅欲 | Trackback | Comments(0)