マラウイでフォトグラファー

a0003089_2584523.jpg

仲良しの同僚ゴーグェ氏の結婚式にてフォトグラファー体験。当日早朝7:00、カレッジ前集合。前日、日本から送られてきた日本酒(紙パック)を飲んで少々二日酔い気味の私.....

当日のフォトグラファーは私以外に4名もいた(笑)

まずは新郎ゴーグェを迎えに行くことから始まる。フォトグラファー陣はピックアップトラックの荷台。もう日焼けはしないって決めてたのにまた日焼けしてしまいそうな予感。

いつもはTシャツにジーンズのゴーグエ氏、スーツがびしっと決まってて超カッコイイ。

ゴーグエ氏を乗せた車が向かったのは教会。チロモニ地区にあるちいさな教会。オルガンと、少年少女合唱団の歌がとにかく心に染み入る。結婚式っていいね。何度もホロリと泣きそうになる。

式終了後、ブランタイアにある大きな庭園で撮影会を行うため移動。花嫁と花婿はデコレーションされた車に乗り込む。われわれはその車の前を走るピックアップトラックの荷台。クラクションをパンパンならして走る車をトラックの荷台から撮影しながらの移動。

一度はやってみたかったピックアップトラックからのウエディングカー撮影。またひとつ、夢がかなったよ私(笑)

a0003089_362861.jpg

それでなくても渋滞しまくりなブランタイアの街中を、超徐行運転+クラクション鳴らしまくりで走るウエディングカー。それでも、すれちがう車がクラクションを鳴らし返してくれたり、手を振ってくれたり。なんとも平和な雰囲気。さすがマラウイ。

庭園到着。結婚式の写真をこの庭園で撮影するのがトレンドらしい。本日は結婚式日和なのか庭園では花嫁を5人以上みた。みな、幸せいっぱいの表情。もちろんゴーグエ婦人も幸せいっぱい顔。こっちまで笑みがこぼれる。

撮影大会のあとは披露宴まで一休みするためロッジへ移動。みなにランチが振舞われる。私はシマをチョイス。これが間違いなく旨い。

子一時間の終了後は、我がソチェテクニカルカレッジホールへ移動。そして披露宴。新郎が働く場所で披露宴とは粋。ゴーグエ氏の人柄もあって、参加者がかなーり多い。そして、雰囲気も最高によい。こんな楽しい披露宴は初めてってぐらい盛り上がる。

しかし、当のゴーグエ氏、緊張で笑顔がなかなかでない(笑)

マラウイアンが愛してやまない爆音ミュージックにのって老若男女が踊りまくる。そして、ご祝儀のお金をまきまくる。しかしみなさんダンスがうまい。絶対に勝てない。

私はひたすらフォトグラファーに徹する。みなの笑顔を取り逃さないように。

a0003089_3114416.jpg

金まみれの新婦.....文化とはいえ......

披露宴にはカレッジスタッフはじめ、ゴーグエ氏の飲み仲間(=私の飲み仲間)等、たくさんのヒトがきてた。みんなが笑顔で、みんなが楽しそうで。

朝早くから晩遅くまでの長い1日だったけど、とにもかくにもよい1日であった。

そしてゴーグエ、コングラッチュレイション!!!

余談だけどゴーグエ氏が生まれたのはマラウイ極南Nsanje。そして、奥様が生まれたのはマラウイ極北Chitipa。極南と極北同士のカップル。日本でたとえると、北海道と沖縄八重山生まれのカップルの結婚式を大阪でしました的なイメージかな。
[PR]
トラックバックURL : http://fukita.exblog.jp/tb/7610080
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by kano at 2008-10-29 15:06 x
結婚式は、いつみてもホロリとさせられるよね(T_T)
渋滞道路中のウエディングカーに手を振ってくれるなんて
マラウイの人たちは、素敵な人たちが多いんだろうね。
お札まみれの花嫁さんにはびっくり!
アユの時もそうしてあげようか!? (笑)
Commented by ayumifukita at 2008-11-02 01:28
帰国後の進路は「結婚と出産」ということにな
ってます(笑)

結婚、あきらめざるえない状況に......どうしよ。
子供ぐらいつくりたいなぁ。
by ayumifukita | 2008-10-28 03:40 | 言欲 | Trackback | Comments(2)