http://fukita.exblog.jp

fukita.exblog.jp

マラウイでオリンピック

北京オリンピック開会式は、知り合いの南ア人のオタクで南ア人、オーストラリア人団体とテレビ観戦。初めてお会いしたオーストラリア人に「ニーハオ」と挨拶され素直に「ニーハオ」と返す私。私たちでもわかんないものね、チュウゴクジンとニホンジンの違い。

マラウイ時間14:00、開会式スタート。だれかが配った棒付キャンディを老若男女全員で舐めながらの観戦。

各国選手入場。マラウイが入場するやいなやみなが立ち上がり拍手。その後、ニッポンの入場でも拍手。その際に画面に映し出されたニホンジンを見て「アレはプレジデント?」と聞かれる。そう、プレジデント。その後、各国選手の入場を見続ける。

知らない国が多いことに再度驚き。そして、アフリカ各国の女性選手と衣装の美しさに感激。

学校のスタッフルームでマラウイアンスタッフとみるってのもよかったかもなぁとか、いろいろ考えたり。しかし、マラウイでマラウイアン以外の人々とみるというシチュエーションも面白い。

みなが「アメェージィング!!!」って言葉を連発。あと、子供たちは中国語の国名アナウンスの発音をマネしまくり。「ニホン語も中国語と同じなの?」と聞かれる。

17:00、自宅へ向けて出発。17:30、自宅到着。急いでカレッジのスタッフルームへ。予想どうり誰ヒトリとしてオリンピックには興味がない様子。テレビのリモコンをゲットし北京オリンピック開会式にチャンネルを合わせる。

たまたま居合わせたカーメカニック講師のMr.Giftにオリンピック開会式のことを軽く説明しマラウイアンも出場してる旨を伝える。Mr.Gift、あんまり興味なさそうでガッカリ。南ア人宅でOpening セレモニーみたのは大正解だった様子。それでも、トーチを持って走るヒトを目で追いながらマラウイ国旗を探しだし、指差して報告。

「ほら、マラウイ国旗が写ってるでしょ!!マラウイアンも9人ぐらい行進したんだってば!!明日からいろんなスポーツみれるんだってば!!」

必死の説明もむなしく.....Mr.Giftが発した言葉は「aku tamanga」のみ。akutamangaとは「彼、走ってるね」の意。要するに、聖火リレーをしてるヒトが走ってるって.......

その後の必死のアピールもむなしく、最後までテレビをみてたのは私だけ........それでも、ここマラウイでオリンピックを見れることを幸せに思う。にしても、アフリカ各国はどの国も選手が少ない......

先日おしゃべりをしたマラウイアンしかり、マラウイはいまだオリンピックでメダルをとったことがないそう。マラウイには良いトレーナを雇う金銭的余裕がないからとのことだけどどうなんだろう?やはりオリンピック選手ともなると優秀なトレーナがいないとダメなのかな?「でもさーエチオピアとか、ケニアとかさメダルとってんじゃん。はだして走ってメダルとったヒトもいるよねー」的な。

ちなみに、先日の新聞にマラウイのブランタイア生まれのオーストラリア選手が水泳選手としてオリンピックに出場するというニュースが載ってた。オーストラリアに帰国したのは数年前らしいんだけど。

開会式自体はちょっと拍子抜けというか、ガッカリかな。期待しすぎた感アリ。前回の開会式がすごくよかっただけに。
[PR]
トラックバックURL : http://fukita.exblog.jp/tb/7380758
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by なお at 2008-08-09 23:15 x
あ、私も近所の定食屋のテレビで一人、見てましたよ!
(ウチにはテレビがないので)
で、マラウイの入場も、しかと見届けました!
けっこう初めの方でしたよね。
行進する男性達が、普段ここの写真に写ってる方々とあまりにも同じ雰囲気で、妙に納得。
ていうか同じアフリカ大陸内でも、地域によって顔とか肌の色とか体型とか、結構な差があるんだってことが、目からウロコでした。
そしてGAMBIAのある女性選手の美しさが、強烈な印象でした。

特に応援してた訳じゃないけど、ヤワラちゃん負けたって知ってじんわり涙が出ました。
こんな私でも、日本国民のはしくれでした。
Commented by ayumifukita at 2008-08-12 17:15
オリンピック、テレビがない環境にいるのでどうなってるのかさっぱりわからない。やわらちゃんママでも金できなかったんだー。そっかー。

マラウイの選手は4名出場してるようす。

顔とか肌の色、マラウイ国内ですら違うの。私もここにこなかったらわかんなかった。
by ayumifukita | 2008-08-09 05:14 | 言欲 | Trackback | Comments(2)