http://fukita.exblog.jp

fukita.exblog.jp

ZOMBA CLEANING

a0003089_21424835.jpg

ZOMBA地区にて行われた街をクリーンにする企画「ZOMBA CLEANING」でのひとコマ。学校が用意したバスで、田舎町からZOMBAの町へ。

昨年は1校のみの参加だったけど、2回目となる今年は3校が参加。

ゴミについてのレクチャーではお行儀の良い回答をしていた生徒たちではあったが、いざゴミを拾うとなると「どれがゴミが分からない」と言う彼ら。

なぜキレイにならないのか、なぜ道にゴミを捨てるのかは、彼らが「ゴミとは何ぞや」「どれがゴミなのかわからない」からな気がする。

要するに「ゴミをゴミと思っていない」から、「ゴミを捨てるのはよくない」ってことは頭で分かっていても、その「ゴミ」が目の前にあっても「ゴミ」と気が付かないので「ゴミをすてないようにする」って行動にでるまでには至らないんだろうなってのが私の見解。

目の前に散らかったゴミを指差し「これはごみだよねー?」「私にはまだまだゴミが見えるなー」なんて声だしながら手伝っていく。

でもね、ゴミを拾うという行為だけでは決して街はキレイにならないんだよ。ゴミを捨てないという行為も拾うこと以上に大事なことなんだよ。

日本に旅行をした外国人(not only malawian)がクチをそろえて言う「日本はとってもクリーンだった」という印象。マラウイに比べたら日本はほんとにクリーンな国だと思う。



----------
最近カメラの調子がすこぶる悪い。
[PR]
トラックバックURL : http://fukita.exblog.jp/tb/6891777
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by ayumifukita | 2008-03-12 21:54 | 言欲 | Trackback | Comments(0)