ガールズトーク


マラウイアン女子とのトークは非常に楽しい。生徒は概ね20代前半。トークのネタはファッションネタ、ボーイフレンドネタ、シマの作り方 etc...。

しゃべりたいだけしゃべて、質問攻めにあうのはいつものこと。

「アユは何歳なの?」
「アユは結婚してるの?」
「フィアンセはいるの?」
「ボーイフレンドはいるの?」

ダンナもボーイフレンドもいないことを伝えると、たいてい「マラウイの男性と結婚すればいいんじゃないの?」という提案を受ける。
「そうねぇ、確かにマラウイの男性はニホンの男性よりやさしいからいいかもねぇ」なんて言うと「えええ、そうなの?私はニホンジンの男性と結婚したいわ」なんて結論に達する。

昨日の雑談中に出た話題がこんな話題。

マ:「アユー、ニホンジン男性と知り会いたいんだけど.....」
私:「うーん、リンベにはニホンジン男性すんでないからなぁ。でも、マラウイにはたくさんのニホンジン男性が住んでるんだよ。」
マ:「ねぇ、どうやったら知り合える?」
私:「うーん、週末にchichiri mallにいくとニホンジン男性たくさんいるよ。」
マ:「えええ、じゃいってみるわ。で、どうしたらいい?」
私:「まずは声をかけてみれば」
マ:「キャー!!○?△&×■%!?」(翻訳不可)

なんでかわかんないけど、マラウイアン女子にモテモテなニッポンジン男子。しかし、ルックスも性格もものすごーくよい彼女たち。彼女たちの恋は成就するのであろうか。
[PR]
トラックバックURL : http://fukita.exblog.jp/tb/5279502
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by ayumifukita | 2007-03-24 13:47 | 言欲 | Trackback | Comments(0)