秋中キャンプ


ブルジョワキャンプを楽しんできた。

キャンプといえば「夏」というイメージ。晩秋というか、初冬のニッポンにて「屋外キャンプをする」という文化がこの世に存在することすら知らなかった私。

メンバーの方がブルジョワキャンパー。キャンプ案内のメールにあった「ジーンズ履く」「寝袋持つ」という事柄を忠実に守り、バックパックを背負いマンションを出る。

a0003089_18243888.jpgバックパックは寝袋、マット、ひざ掛けだけでパンパン。


まずは、買い物に寄ったスーパーで大感激。外見は普通のMaxValue(東北地方で有名なスーパーマーケット)なのだが、とにかく広い。デカイ。「たった今収穫してきましたよ」といわんばかりの野菜がコンテナのまま並んでる。新鮮。安い。しかも24時間営業。スペシャルスーパーなスーパーマーケット。百姓の娘である私ですら感動。

買い物の後は、OutBackという車(←レガシーのお仲間車とのこと)でキャンプ会場へ。

a0003089_18103238.jpg途中の商店でかったマシュマロ。ステキなパッケージ。


到着後、テントとタープを張り、椅子やらテーブルやらのキャンプ機材をセッティング。そのキャンプ用具の充実ブリに感激。まるでアウトドアショップの展示ブースのよう。もぅ、ハシャギまくり。感激。ブルジョワスギル。オトナスギル。

a0003089_1885841.jpgこういうのってキャンパーの憧れ。


スゴスギルのはキャンプ道具だけではなかった。キャンプ場の設備もスゴイ。電源は使えるは、お湯はでるは、シャワー室はあるは、洗濯機は付いているは.....キャンプ場というよりは屋根のない家。食料さえあればひと月は住める。そして特筆すべきは、キャンプ場にある建物のデザインがステキすぎること。恐るべし福島県。恐るべし安達太良山。

a0003089_1891416.jpgこんな感じの建物がワンサカ。ちなみにこれはトイレ。ステキ。


夕飯のメニューは芋煮。私の任務は、お米トギとヤマイモの皮むき。これならできる(笑)
あとは煮込むだけという段階で、オトナの男チームは併設の露天風呂付き温泉へ。

ひとりぼっちの女子チームは七輪とガスコンロの番。座り心地の良い椅子で風の音を聞きながら持参本を読む。極楽。極楽。

a0003089_18114663.jpgランプの明かりってあったかいね。オレンジの明かりが好み。


子一時間でオトナの男チームがお風呂から戻り、次は女子チームが温泉へ。

温泉嫌い(←熱いお湯嫌い)の私が猛烈に気に入るほどの「素晴らしい温泉」。お客は私ヒトリ。お月さまを見ながらユッタリお湯につかる。ウットリ。露天風呂最高。少々トロミのあるお湯。お肌ツルツル。三十路の私でも乳液要らず(笑)

お風呂の後は夕食。寒かったけどオレンジ色の炎をかこみながらの食事は最高。お酒も入って気分も上々。幸せ。

夕食後は天然プラネタリウム鑑賞会。おフランス製というお星サマ鑑賞キットをつかって11月の星の位置を確認。

a0003089_1892212.jpgこれが鑑賞お星サマ鑑賞キット。ワイルドワンでも手に入るそう。


今回のメンバーは八重山旅行で出会った人々。しばし八重山話に花が咲く。そしてまた八重山旅行に行きたくなる。あれからもう2ヶ月。時のたつのが早すぎる。

23:00。就寝。電気毛布(!)にくるまりポカポカ睡眠。恐るべしブルジョワキャンプ。

早朝6:00。起床。

お約束で朝の散歩。まだ日の出前だったのでとりあえず高台を目指す。展望台発見。ラッキーなことに丁度日の出タイム。美しすぎる夜明け。ノースジャパン万歳。

a0003089_1893970.jpg真っ赤に燃えた太陽。ヒトリでみるのはもったいない。


子一時間散歩後、アウトドア用コンロでお湯を沸かしアツアツのお茶を飲む。旨い。ブルジョワぶりにもほどがある。やっぱりここは屋根のないおウチだ。いや、おウチ以上の空間。朝からヒトリ幸せを噛みしめる。ニヤニヤ。

8:00。全員起床。ここでまた新兵器登場。アウトドア用ホットサンドマシン。大感激。
朝からハム&チーズのホットサンド、落としたてのコーヒー、そしてフレッシュフルーツ。オトナすぎる。ブルジョワすぎる。アウトドアって素晴しい。

a0003089_1895134.jpgこのホットサンドパン、キャンプでなくても使えそうな予感。


秋の日差しをあびながら、またしても八重山話に花が咲く。気持ちよすぎ。

お昼は、昨夜の残りであるバター風味の舞茸御飯でオニギリ。七輪に載せて焼きオニギリに。

a0003089_1810259.jpgほうとう入りの芋煮をたべたせいか満腹で一口ぐらいしか食べられず。残念。


13:00。撤収作業無事終了。ふたたび露天風呂につかる。またしても貸切。露天風呂最高。温泉嫌いは返上。私はきっと露天風呂好き。

今回のキャンプは、とにもかくにも充実しまくり、感動しまくりの、ブルジョワキャンプだった。オトナってスバラシイ。

カトウさん・スズキさん、ほんとうにお世話になりました&声かけてくださってアリガトウゴザイマス。感動しすぎました。楽しすぎました。帰りに食べたハラコ飯も美味しかった。次回はぜひ雪の中のコテージで暖炉体験がしたいデス。

----------------
今回痛感したのが、アウトドアグッツの工夫ぶり。アウトドアのときだけでなく普段から使いたくなる。アウトドアグッツ考えた人って天才だね。素晴しい。

a0003089_18185184.jpgトイレでセルフショット。モコモコぎみだけどまだまだ余裕。
a0003089_1819972.jpg5時間後、寒さに絶えられずババシャツ(←ナナシャツ)+スパッツ+カイロ装着(笑)
[PR]
トラックバックURL : http://fukita.exblog.jp/tb/2595297
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by ayumifukita | 2005-11-14 18:27 | 旅欲 | Trackback | Comments(0)