Monk Talk

a0003089_20445469.jpg

チェンマイのとあるお寺で”Monk Talk"と書かれた看板を発見。ここで英語が喋れるMonk(モンク:僧侶)とお話ししましょうという趣旨。外国人参拝者(旅行者)がオレンジの衣を着たモンクを囲みトークをしている。折角なので私も参加してみることにした。

2名のモンク+アジア人の若い女性のグループにジョイン。大学生と思しきその若い女性は、地獄と天国について、人間が行う悪行についてを尋ねていた。モンクのヒトリが、それに対し、カルマについて、地獄に行っても戻ってこれる話などを、訛りは強いが分かりやすい英語で根気よく解説。それに納得いかないアジア人女性、食らいつく。というやりとり。そうこうしているうちに、アジア人女性、私に中国語で話かけてきた(笑)私が”我々、見た目は似てるけど中国語はわからないのよ”と伝えると、びっくりしてた。そして「お昼を食べていないからお腹がすいてたまらないのよね」と英語でいい直し.......モンクへの質問に戻る。で、「お金は好きですか?」という直球を(笑)

なんとも奥歯に何か挟まったようなグダグダな会話が終わり、彼女が席を離れる。と、モンクが「これだから中国人は.....」と愚痴ってた(笑)

そうこうしているうちに、年配の女性がジョイン。彼女、いろいろ話をしているうちにアジアの文化や瞑想等にすごく詳しいことが判明。話の流れで、ウェールズからやってきたということがわかる。なんやかんやで意気投合。元旦のバンコクで瞑想レッスンを受ける予定だという話をしたところ、猛烈に気に入られ肩を抱かれまくり(笑)

雑談なども交えながら、モンクの生活や、モンクになる条件、モンクの大学の話など、興味深い話をたくさん聞けて大満足。最終的に、なぜかみんなで日本についてのトークになる。そもそも、日本人がモンクトークに入ってくることは希らしく、私たちのグループのモンクは日本人と話をするのが初めてという。本当か?リップサービスじゃないのか?

モンクのうちのヒトリは大学で英語を専攻していることもあり、訛りあるが英語が流暢。もうヒトリはまだ勉強中との事で一言も発さなかったのだけれども、修行で日本に行くチャンスがあるかもしれないし、とにかく日本に興味があるらしい。ウェールズのおばさまも日本にとにかく興味があるらしい。

グループの人々が口々に、日本人はなぜ英語が話せないのだ?と聞いてくる。いやいや、今の若い世代の人間は英語を話せる人が多いこと、日本人は恥ずかしがり屋が多いから喋れても積極的に話をしてくる人が少ないだけだということを説明。じゃー、あなたはなぜそんなに英語を話せるのかと問われる。私だって大して流暢でもなく勢いと興味だけで喋ってるんだけど......しかし、これらのネタ、この旅行中、いろんなヒトに何度となく問われたこと。現地人だけではなく、我々と同じ旅行者にも、日本人はなぜ英語が話せないのか?とか、同じアジアのくくりで韓国人や中国人はなぜ英語は話せないのか等。とあるお宿では、韓国語はなせないのに、韓国人バックパッカーとの通訳(超わかりやすい英語でゆっくり説明しただけだけど)までさせられ(笑)

これ、国籍は関係ないと思うんだけど。たまたま、その人が英語喋れなくて、それが日本人だったり韓国人だったりで、そして、意思疎通がうまくできないのがアジア人に多いってだけなんだと思うんだけど。そもそもアジアは英語圏ではないし、英語できなくたって旅行できるし。

でも何となくわかったことは、世界の人々にとって日本の印象がとても良いこと(先人のおかげ)。どこから来たかを問われ、日本から来たと答えるととにかく質問攻めにあうこと。それだけみんな興味があるということ。とはいえ、やはり見た目ではニホン人なのかカンコク人なのか全くわからないと言われたり、本当にニホン人なのかと疑われたり(笑)

他、印象的なエピソードとしては、日本語と韓国語はとても似ている言語だと思われている節があり、わたしが韓国語が全く解らない(正確には挨拶とビールのオーダのみしかできないと伝えた)ことに驚かれたり、オランダ人に「アユミ」という名前が猛烈に気に入られ、自己紹介でアユと呼んでねと伝えたにもかかわらず「アユミと呼んでいいか?」と問われ、無駄に「アユミ」を連発されたり。彼は最後に「ミ」がつく日本人女性の名前の響きに心酔してた(笑)

話は逸れたが、とにかくモンクトークは楽しいし、勉強になるので、ニホンの皆様、積極的にジョインしよう。Don't be shy!!



[PR]
トラックバックURL : http://fukita.exblog.jp/tb/22199307
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by ひで at 2016-01-18 21:34 x
what a wonderful photo!
Commented by ayumifukita at 2016-01-18 23:34
露出過多....。カメラ、露出調節ができなくなってしまった.....けど、これはこれでよしとしたい。
by ayumifukita | 2016-01-16 21:31 | 旅欲 | Trackback | Comments(2)