特別展 「置賜の山岳信仰」

これはいかねばなるまい。これは。

特別展 「置賜の山岳信仰」

「山」に対する庶民の信仰を紹介
 
公益財団法人農村文化研究所(米沢市六郷町西藤泉)所蔵で、米沢市が管理する用具830点と行屋3棟および付属14点が、平成9年(1997)に国の重要有形民俗文化財に指定されています。
置賜地域では、主に大正期頃まで、豊作を祈り、あるいは成人儀礼として出羽三山や飯豊山に登拝する信仰が盛んでした。
登拝前には精進潔斎 のため「行屋」(ぎょうや)と呼ばれる小屋に一定期間籠もりました。行屋で使用した食器や家具、登拝前の着衣、数々のお札など、江戸時代後期から昭和初期までの庶民の信仰と暮らしの資料を一堂に展示します。




--------------
会社の飲み会で知った山形弁(置賜弁かも?)。ガソリンは「詰める」ものだということ。その場にいた山形以外出身者(北海道・青森・新潟)の人々はガソリンは「入れる」ものという認識。ガソリン"詰める"が全国区ではないこと、みなさん知らなかった様子(岩手もアリらしい)

[PR]
トラックバックURL : http://fukita.exblog.jp/tb/20409326
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by ayumifukita | 2014-11-21 20:08 | 言欲 | Trackback | Comments(0)