http://fukita.exblog.jp

fukita.exblog.jp

ガンジス川で沐浴を

a0003089_22443818.jpg


ガンジス川のイメージは、チャイ色の川というイメージ。

そのイメージを100%覆されてしまった。

それもそう、ハリドワールはガンジス川の源流と呼ばれている聖なる場所。私が勝手に想像していたチャイ色でとにかく汚い川のイメージは「ガンジス川」ではなく、「バラナシのガンジス川」なんだということに気がついた。

ここハリドワールのガンガー(ガンジス)は透き通っている。

ハリドワールを流れるガンガーはとにかく流れが早い。落ちたら死ぬ。本当に。しかも、ここハリドワールのガンガーはメインの川からの支流にガート(沐浴をする場所)が存在する。よって、ガートの川幅はほんの20mほど。泳ごうと思えば泳げる距離。とはいえ、泳ぐ気も失せるほど川の流れが早いのだけれども。

この日のハリドワールは快晴。ポカポカ陽気の中、みなが沐浴をする姿をみて「よし、明日の朝、私も沐浴する」と宣言。目の前に、ガンジス川があって、その川で皆が楽しそうに沐浴する姿をみて、ここで沐浴をしないという選択肢は存在しない。

ここハリドワールは、インド人が憧れる聖地。日本人だって憧れたっていいじゃない。













[PR]
トラックバックURL : http://fukita.exblog.jp/tb/19374781
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by ayumifukita | 2014-01-22 22:52 | 旅欲 | Trackback | Comments(0)