http://fukita.exblog.jp

fukita.exblog.jp

GWぶらりひとりたび 2日目

早朝。東京駅八重洲口到着。昨年の朝霧JAMでの東京駅迷子の一件を思い出し、駅の反対側丸の内口復習散歩。今年の朝霧JAMは迷わずに丸ビルまでいける自信あり。

山手線にて上野駅へ移動。時間があるので上野公園を散歩することにする。

散歩しながら父の携帯へゴールデンウイークの予定を伝える電話。「汽車あぶねんはんでのればまねやー」(訳:電車は危険だから乗ってはいけないよ)と父。ごめん父さん、たった今山手線に乗ってきたばっかりだよ。

a0003089_2483413.jpg上野公園を散歩してる旨を伝えると、私がちいさいときに上野動物園に家族旅行した話題になる。

物心つくまえだったせいか行った記憶はまったく残ってないのであるが上野動物園でとった写真を見たことがある。幼少時代の私は自分で言うのもおこがましいが愛想のある可愛い子であった。今と変わらないのは前髪だけ。

トコトコあるいていると神社発見。お参り後、早速おみくじを購入。結果は中吉。凶でなくてよかったと小躍りするも即奈落の底に落とされる。

a0003089_2484788.jpg「旅行(たびだち) ひかえて吉 利なし」


これから遠い遠い異国の地に旅立とうという娘に対するこの仕打ち。このうえない不幸。しょんぼりしながら神社を後に。

朝の上野公園は体操パラダイス。体操をする人々の影で猫が日向ぼっこ。なごむ。非常に和む。道端にはとれたての野菜を売る行商人。これまた和む。

体操をみながら朝食をとったあと、京成線にて成田空港へ。特急電車にて1000円。

成田到着。指定されたカウンターでチケットを受け取り、難なく手続き終了。流石ゴールデンウイーク。かなりの混雑。

得意のYahoo!Cafeにてインターネットを堪能。搭乗時間を待つ。写真データのアップができなくなっていた。写真のアップができず残念。

今回のキャリアは悪評高きアエロフロート。4,5時間のディレイはあたりまえとのこと。少々ビビリぎみ。ゴールデンウイーク時期に成田ーカイロ9万円ちょと。ほかのキャリアは軒並み15万円超。安さに負けた。

a0003089_2493748.jpg搭乗開始。電光掲示板を見ると私が乗る飛行機は「モスクワ経由パリ行き」。

あたりをみまわしてみると小奇麗な人多し。なんとなくフランスっぽい空気。私もちょっぴりパリジェンヌ気分。しかし、私の行き先はカイロ。そうエジプト。

a0003089_2346828.jpg心配していたディレイもなく、ジャストオンタイムでの出発。


アエロフロートグッツのキュートさに感激。紙ナプキンがオレンジ色。ドリンク用カートの「AEROFLOT」フォントもステキ。ビールだってちゃんと飲み放題。ご飯も旨い。

ただ、CAはニコリともしない。デカイ。怖い。そして微妙な日本語アナウンス。「ありがとごじぇーました」。生で聞かなきゃこの面白さは伝わらない。

映画もなく音楽もない機内。ヒマをもてあまし紙ナプキンで鶴などを折ってみる。

a0003089_25066.jpg視線を感じふと目をやると、隣席のロシア人オバサマが私を真似て鶴を折ろうとしていた。


目が合ったとたん「教えてオーラ」爆発。手取り足取りで数十分。満足げな彼女。最終的にジャパン土産ということで10羽ほど折って差し上げる。日ロ交流。このオバサマ、英語がぜんぜん通じなかった。でもフランス語はいけるクチ。私はフランス語はラーメンズから得た「ジュテーム」しかしらない。使えないよ。

散々なほどに貶されているアエロフロートであったが、いざのってみるとこれほど安くて素晴らしいキャリアはない。非常に気に入る。

a0003089_23472892.jpg思えば遠くへきたもんだ。


そんなこんなで、モスクワ到着。着陸成功時、噂どうり機内に拍手がおこる。パラパラツパラパラッ。微妙。みな荷物を取り出し降りようとしていたところ、いきなり機体が移動をはじめる。客の表情がかわる。そしてキャビンアテンダントの顔も曇る。え?想定外?みな不安で一杯。

トランジット待ち時間は4時間。長い行列でまっていると「カイロ行き」のアナウンス。列を抜けカウンターに向ったのは私ヒトリ。みんなパリかよ。小奇麗なはずだ。

a0003089_2504935.jpgカウンターで受け取ったカイロ行きチケットは台紙がオレンジでシルバーの地球儀イラスト。可愛すぎ。思わず写真をとりまくる。アエロフロートステキすぎ。


4時間をどうすごそうかと思案。荷物を放置するわけにもいかず、とりあえずフル装備にて空港探検。マトリヨーシカ、キャビア、ウオッカ、サーモン。ロシアっぽさを満喫。

a0003089_23481582.jpga0003089_23482823.jpga0003089_23484763.jpg


可愛いカードを発見!!インターナショナルスタンプを求めるもあっさり無いといわれる。超ガッカリ。

DVDショップを発見。チェブラーシカのDVDがないかを問うも「そんなものナイ」とのこと。心の中でワニのゲーナの曲がリフレイン。

ビールでも飲もうかとおもったが空港のトイレが汚いとの噂を耳にしていたためコーラを購入。500mlペットボトルで3USドル。高い。300円以上かよ。

a0003089_2511514.jpg教訓:値段が書いてないものは値段を聞いてから買おう。


売店のバーさんを恨みながらも、コーラをグビグビ。iPodをもってきたことを思い出し早速電源を入れるもバッテリー切れ。不幸すぎ。

モスクワ空港でのアナウンスは「マニョマニョ」から始まる。「マニョマニョ」「マニョマニョ」。きくたびニンマリ。

4時間がやたら長く感じられる。帰りは12時間。ビザとってきてよかった。

カイロ行きの搭乗手続き中、聞き覚えのある言葉を耳にする。日本語だ。中東の女性がしているみたいに頭にスカーフを巻いている。え?日本人じゃないのか?
彼女は日本人だった。この人がのちにお世話になることになるサオリさん。同じフライトでのカイロ行きだったらしい。

サオリさんのように、イスラム教の女性が頭に巻いているスカーフのことをヒジャーブと呼ぶらしい。エジプト女性の95%はビジャーブ。

カイロ行きは成田ーモスクワ間よりも可愛い機内。ブルーとオレンジって相性よすぎ。モスクワーカイロ間はツボレフ。成田モスクワ間はボーイング。なぜかガラガラの機内。シート3台を占領し眠り放題。

a0003089_2521154.jpgアイマスクの配布に大感激。初アイマスク睡眠。目を書きたい、というか縫い付けたい。機内食はランチボックス風。可愛い。


眠っていたせいかあっというまにカイロ到着。サオリさんと一緒に入国手続き。彼女の旦那さんはなんとエジプシャン。空港まで車で迎えに来ているとのことで便乗させてもらうことに。

両替店で15USドルにて購入したビザを自分でパスポートに貼り付ける。入国審査。ちなみに両替は50USドルほど。仙台で円をUSドルに両替済み。今回の小遣い予算は400USドル。

入国審査にてパスポートの写真とおまえは別人だとの指摘を受ける。8年前の私だと伝えるも怪訝な表情。10年パスポートの罠。

なんとか入国を果たす。初アフリカ大陸上陸。仙台を出たのは2日前の23:30。一体何時間かかったのか。時差が邪魔して計算できず。

サオリさんのハズバンドとそのご友人の出迎え。ステキな旦那サマ。ご友人が私の荷物までもってくれる。アリガトウ。みんな英語が通じるよ。
我々を待ち受けていた車はベンツ。新しくはないけどそれが逆にカッコイイ。

エジプトの車は古き良き時代のヨーロッパ車はほとんど。ポンコツだがかなりカッコいい。車だけ見てても飽きない。ステキ。

ベンツに乗りこみいざ出発。運転手はルパンみたいな男子。名はハマダ。耳がかなーりでかい。私の耳も大きい旨つたえてもらったところ、車にのってる人間すべてが耳デカであることが判明。チームミミデカ。

途中、コフタ屋(ハンバーグをソーセージ型にしたような食べ物)でディナーをテイクアウト。サオリさんはムスリムなので機内食のメニューに食べられるものが少なかったとのこと。ポークはご法度。チキンとビーフはお祈りをしたものしか食べれないらしい。

コフタ屋の向かいの雑貨屋で水を購入。お金を払おうとするとサオリさんハズバンドが支払っててくれた。アリガトウ。雑貨屋の店主がお菓子をくれた。ブロック塀みたいな塊。モグモグたべてみる。カナリ美味い。サオリさんと私、手を取り合って感激。

少々ドライブした後、宿まで送ってもらう。カイロはおもったよりも大都会だった。驚き。

「ハマダがホテルもってるからそこに泊まったら?」

え?ホテルですか?聞くとルパンハマダは方々にホテルを持っているらしい。サオリさんハズバンドもご友人たちもみんなエジプトのお金持ちだった。お金持ちなのに庶民の感覚も持ち合わせているナイスガイたちとのこと。サオリさんもそこがよくてこの人たちと付き合ってると言っていた。スバラシイ。

時間も時間なのでホテルの件は丁寧にお断りし、「地球の歩き方」にのってたイスマイリア・ハウスがあるタフリール広場まで送ってもらう。

みんな、見えなくなるまで手を振ってくれた。ほんとにありがとう。

イスマイリア・ハウスがあるビルに到着。エレベータが映画でみたことがあるエレベータ。ドア式。カッコヨスギル。ボタンを押すもドアが開かず。深夜1:00にドアガチャガチャ。怪しさ100%。結局8階まで階段で登る。ヘトヘト。

レセプションにはエジプシャンおやじ。シングルルームはないかとたずねるとフル(空きナシ)とのこと。しょうがないのでドミトリーへ案内してもらう。23ポンドといわれ17ポンドでは?と問うとそうだとのこと。単なる間違いなのかボッタクられそこなったのかは不明。(1ポンド約18円)。

ドミには男の子がヒトリ爆睡中。奥のベットに陣取り眠ろうとするもまったく眠れない。レセプションルームに行きインターネット。1時間7ポンド。

朝4:00。まったくもって眠気の神様は現れない。

レセプションのオヤジと片言英語でトーク。私のつたない英語トークにつきあってくれた。オヤジ、アリガトウ。

「おまえは一睡もせずにハルガダにいくのか?」

オヤジの心配する気持ちもわかるが、ねむくないんだからしょうがない。そうしているうちに朝がやってきた。結局一睡もできず。
ルート 1日目 2日目 3日目 4日目 5日目 6日目 7日目 8日目 9日目 10日目 11日目 12日目 13日目 14日目 15日目
[PR]
トラックバックURL : http://fukita.exblog.jp/tb/1937288
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by ayumifukita | 2005-05-16 03:02 | 旅欲 | Trackback | Comments(0)