Handmade La France compote

a0003089_2210929.jpg


授産施設で作られたハンドメイドのラフランスコンポートをいただく。いやー、美しい。フルーツは生以外はあまりすきではないんだけど、これは食べてみようかと。

ちなみに私、研修の所外活動で授産施設に行った経験あり。その当時の日記を見つけたので貼っておく。なつかしい。

----------------------------------
本日は所外活動。希望は幼稚園実習だったんだけど人数の都合で障害者授産施設へ行くことに。バスに揺られること30分。入り口にはいるなりハイテンション入所者の歓迎。かるく施設内案内をされたあとは、入所者の方と一緒に作業。午前中は障害の軽い方々とともに福島銘菓「ままどおる」の箱作り。1個目の組み立て中に手を切るハプニング。バンドエイドをはり作業再開するも即2本目の指を切る。

教訓、厚紙には気をつけろ。

施設スタッフにネホリハホリ聞かれながら作業を続ける。

ランチは研修所から持参したお弁当をみんなと一緒に食べる。昔は全額無料だったゴハンも、10月からの法制度改正で全額負担になったとのこと。聞くと、今回の法改正で様々な負担を強いられているらしい。

午後からは、ボールペンのインクを入れる部品を型からはずす作業。プラモデルのパーツはずしみたいな感じ。午前の箱作りは会話のキャッチボールができる入所者との作業だったんだけど、今回の作業はもうすこし重めの障害を持つ方々との作業。途中で脱走されたり、他のクラスからやってきた方を発見したりと、ハプニング大会。

障害がある方とのふれあいということで、どのように接したらよいだろうかとか、自分に出来るだろうか等、私なりに悩んでいたんだけどすべてが杞憂に終わる。とにかく楽しい。

楽しい時間はあっというまに過ぎていく。

今回、初めて障害がある方と触れ合ってみて、楽しかったこともたくさんあったが、反省すべき点も多々。次回は16日。今にして思えば、幼稚園ではなく障害者施設でよかったと思う。

疲れてへとへとではあるが、やりがいがある。

なにしろ純粋な心をもった天使たちに癒されまくり。彼らといると平和な気持ちになるから不思議。自閉症の方の会話なんか、私のような凡人ニンゲンには到底理解できない深い内容盛りだくさん。彼らは我々にはない何かを持っている。

キレイなことだけではないのもわかっている。ただ、なによりスタッフのみなさんのタフさに驚く。

夜、隣部屋女子の髪の毛をカット。ショートカットは難しい。これで163人中4人の髪型が私メイド。

----------------------------------
本日は所外活動2回目。前回同様、研修所から30分ほどの授産施設へ。「授産」という言葉の意味を知れたという意味でもホント意味のある活動。

一週間ぶりに訪れたにもかかわらずみんなが我々のことを覚えていてくれた。それが一番うれしかった。

午前は車で数分いったとこにある体育館にてフライングディスク。私もみんなに混じって何回かトライしてみたんだけどぜんぜん出来なかった。これ、見てる分には簡単そうだけどやってみたら難しい。っていうか、体育館が恐ろしいほど寒かった。午後は散歩と洗車手伝い。お散歩は寒かったけど楽しかった。いつもなら早歩きで見逃してしまうであろう風景。みんなのペースに合わせてゆっくりあるくことで風景の見え方が変わるって事あるんだろうなぁと。

帰りのお別れの際、帰りたくないといいながら地団駄踏んでいる入所されている方の姿を見て、こっちが泣きそうになったり。いやー、ほんとに情が移った。それぐらい楽しかった。

知的障害がある方への対応ってすごく難しいと思ってたんだけど、今回の所外活動を通して、障害がある方への対応の仕方云々ではなく、「対応の仕方」なんて存在しないんだなぁ、みんな一緒なんだなぁってことがよくわかった。たしかに、多少気をつかってあげなければならない点はあるけれど、「特別な感情」も、「特別な対応」も必要ないんだってことがわかったことだけでも御の字。ほんとによかった。

行きたくて行きたかった施設ではなかっただけに、神様があたえてくれたチャンスなんなんだろうななんておもってみたり。

夜、明日の語学所外研修のパンフレット作成および本日の所外活動用礼状作り。あぁ、毎日がこんなんだったらいいのになんて思ってみた。

----------------------------------
[PR]
トラックバックURL : http://fukita.exblog.jp/tb/15744005
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by ayumifukita | 2012-07-11 22:10 | 言欲 | Trackback | Comments(0)