http://fukita.exblog.jp

fukita.exblog.jp

ぶらりひとりたび 1/7 7日目

5:00。起床。タクシーにてSuperCat乗り場へ。交渉の甲斐あって60ペソ。SuperCatの往路のチケット購入。ついでに帰りのチケットを手配してもらう。9日16:00。ドゥマゲッティまではSuperCatで3:30の船旅。

船内にて「ここからは575の川柳調でしか会話してはいけない」という訳のわからないことを言い出すモリさん。さっくり断りモリさんの575会話を聞きつづける。しかしモリさんも負けない。流石マクガイバー。

途中、ボホールの港に停泊。海が青い。世界の美しいビーチトップ10に選ばれることはある。ここでのんびりしたい気持ちを抑える。船の係員が私のはしゃぎっぷりをみて微笑んでいた様子。

a0003089_11361725.jpg凄いんですってば。ほんとに。


ボケーッとしている間にドゥマゲッティ到着。なにより響きが良すぎるネグロス島「ドゥマゲッティ」。

ドゥマゲッティ あぁドゥマゲッティ ドゥマゲッティ

宿泊先の名前はエルドラド。宿からお迎えの車がやってきていた。キレイな車。これでオープン(ピックアップトラック)だったら最高なのに。途中のレストランで食糧調達。お迎え&お買い物号の様子。

宿到着。またしても窓のない部屋をあてがわれたためモリさんに交渉してもらう。

a0003089_11301691.jpg
El Dorado Beach Resort


ようやく窓つきの部屋を案内されのんびり。ボケーっとしているとダイビングショップにいくとのこと。とりあえずついていく。

ダイビングの必要書類を書き、レンタル機材のサイズ合わせ。すべて一番小さいサイズ。情けない。それでもかなり丈が長い。しかしここの機材はほんとに新しい。なによりレギュレーターのマウスピースが口に含んでも違和感ナシ。それが一番ありがたい。

午後1ダイブすることを伝えランチを取る。

ランチはサンドイッチ。ここのサンドイッチはパンが旨い。滞在中お昼はほぼサンドイッチ。旨い。

ランチ中、ビーチエントリする大男2人発見。モジモジ君装備の大男2名をみて大爆笑。
ここでは帽子をかぶったスタイルの人が多い。あの格好でザブザブと向かう姿は最高。

ドゥマゲッティ1本目。
まずはセッティング。モリさんにレクチャーしてもらいながらセッティング。プエルトプリンセサでのイメージトレーニングの甲斐あってスムーズ。よかった。
小船にのって5分。潜行用のロープがないとのこと。そんなのやったことない。またしても不安になる私。

いざエントリ。潜行するも沈まない。少々パニクッているとスタッフのティトが浮上してきた。ウエイトが不足しているらしい。プエルトでは3コだったため3Kgと申請していたのであるがウエイトが足りない様子。ティトに右ポッケに1Kg左ポッケに1Kg追加してもらいやっと沈む。結局ウエイトは5Kg。モリさんに「ありえない」と笑われる。脂肪が多い人間はよく浮かぶらしい。

ロープなしではあったが潜行は成功。まず魚の多さに驚く。透明度はさほどよくないものの魚の数が凄い。
おまけにウミガメ3匹に遭遇。初ウミガメ。手をたたいて喜ぶ。きてよかったよドゥマゲッティ。

ここのダイビングは、徐々に浅瀬に移動するため安全停止いらず。安全停止が苦手な私にとっては最高のダイビング。
しかもお魚ウォッチングメインであるため、細かい動きが苦手な私でもストレスなし。
浅瀬のほうが透明度もよくきれい。感激ダイビング。

ダイビング終了後、自分の機材の後片付け。初心者の私にはこの作業ですら楽しい。
難点は屋外シャワーの蛇口が高いところにあり伸びをしても届かないことぐらいか。

明日のスケジュールを聞いてみると、アポ島ダイビングとのこと。やったぜラッキー。
ランチ持参とのことでレストランでランチボックスとお水を注文。かなりワクワク。

夕食にはまだ早い為、ビーチのバーにてピザをつまみつつビールを飲む。生地が旨い。
アポ島はここよりすごいよというスタッフの言葉に興奮し、ビールがススム。グビグビ。
酔っ払ったモリさんが寝るとのことで部屋に戻る。私はプールサイドの大スクリーンで映画鑑賞。「シャークテイル」と「デイ・アフター・トゥモロー」
字幕なしということで不安ではあったが、なんとなく楽しめたような気になる。単純。

エルドラドは、以前いったオーストラリア"ダンク島"のリゾートをこじんまりさせたような宿。
コテージあり、プールあり、レストランあり、バーあり、マッサージあり、ダイビングショップあり、大スクリーンあり、ハンモックあり。しかも安い。スバラシイ。

途中、ダイビングショップスタッフのサブリナがやってきて明日のスケジュールについて語られる。「ランチは注文したか?」「7:45までにセッティングと朝食をすませて」ということは理解できたが水について言ってる部分が理解できず。笑顔でOK連発。ダメな私。

しばらくするとモリさんがやってきた。やってきたもののプールサイドでも寝る。このまま死んでしまうんではないかとすこし心配になりたまに息をしているかをチェック。結局19:00頃から朝まで眠りっぱなしだったらしい。

眠くなったところで部屋に戻り就寝。

本日のワンポイント英語:透明度=ビジビリティ
[PR]
トラックバックURL : http://fukita.exblog.jp/tb/1547794
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by ayumifukita | 2005-01-15 11:33 | 旅欲 | Trackback | Comments(0)