http://fukita.exblog.jp

fukita.exblog.jp

Tatami loaf

私は食パンが苦手だ。苦手だけど、ウイークデイは毎日食べている。毎日のお弁当はサンドイッチだからだ。8枚切の食パンにバターを塗って、マスタードを塗って、ハムか野菜かなんかをはさんで、二つにカットして、ラップで包むだけ。パン耳は絶対にカットしない。なぜならサンドイッチには耳マスト派だから。耳がカットされたサンドイッチなんて、ハンバーガーのパティ抜きみたいなもん。

が、しかし、今日に限って食パンが手に入らない。スーパーが閉まる前に退社できなかったため、コンビニに行ってみたが、食パンだけない。レーズンパンはあっても、食パンがない。ジャムパンはあっても、食パンがない。

別のコンビニにも行ってみたが、見事に食パンだけない。誰か、私のことを嫌いなヒトが、先回りして買い占めてるんじゃないかって思えるほど。

畳を表現するためのアイコンに、食パン画像を使った罰か.......






<プチコラム> 賞味期限との戦い

一人暮らしの食生活を一言で表せと言われたら、「賞味期限との戦いだ」と言いたい。基本、ヒトリ暮らしの場合、自分が食べなければ無くならない。食べなければ、間違いなく無くならない。私はA型の父と、A型の母から生まれた正真正銘A型人間なのであるが(とはいえ弟O型)、賞味期限に関してはアバウト。賞味期限が多少切れていても食べる。ある意味、チャレンジと思って試す。先日いただいた12月31日が賞味期限のお豆腐4丁も、結局、食べきったのは1月3日。実に3日遅れ。とはいえ何事もなく。

というか、血液型なんてね。アレよね。

で、本日、年始のご祈祷でいただいたかまぼこをいただいた。「御蒲鉾」と書かれた、本物の蒲鉾。ビニールコーディングもされていない、真空パックにもなっていない、本物の蒲鉾だ。キッチンペーパ風のもので軽くまかれただけの御蒲鉾。地元塩釜の名店の蒲鉾なのであろう。

貰い手がいないその蒲鉾が「Noと言えない日本人」を絵にかいたような私のもとにやってきた。練り物は苦手だが蒲鉾ならいけるだろうと安請け合いしてしまった私。その品を受け取って即後悔。重い。想像以上に重い。箱を開けたところ、白とピンクのそれ。間違いなく特大紅白蒲鉾。しかも神様にお供えした蒲鉾。無駄に消費するわけにもいかず。

賞味期限をチェックしたところ、1月9日。真空パックではないという時点で、それは2012年の1月9日であることは間違いない。2013年1月9日ではない。現時点で賞味期限まで一週間を切っているのだ。信じられない。その蒲鉾が、我が吹田家に、ヒトリ暮らしの吹田家にやってきたのだ。

(つづく)
[PR]
トラックバックURL : http://fukita.exblog.jp/tb/14330134
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by ayumifukita | 2012-01-05 00:15 | 食欲 | Trackback | Comments(0)