http://fukita.exblog.jp

fukita.exblog.jp

Blood Donation

a0003089_7274251.jpg

友人が赤十字の移動献血バスでの献血にトライしたところ、体重制限でひっかかりお断りされたとのこと。なんでも、現在、移動献血バスでの献血は400mlという制限があるらしい。400mlの献血は18歳以上体重50kg以上でないとだめな模様。

献血方法別の献血基準

我が友人、日曜までに体重2kg増やして再チャレンジするとの宣言をしてた。なんてステキな。

さて私の場合、年齢制限および体重制限は軽くクリアできてるんだけど(笑)、ちょっと通常よりも多めに予防接種うけていたり、アフリカ・マラウイに2年間すんでいたり、ブラジル・アマゾン地区に旅行に行ったり等の理由で、我が血液が「日本の献血基準」をクリアできているのかちょっと不安。

過去にボリビアに旅行に行ったというだけで、長い問診を受け、やっとのことで献血の許可がでたという経験もあることだし......。たった2週間の滞在だったんだけど......。

健康診断も毎年うけているし、素人考えでは大丈夫だとおもってるんだけど、「基準」を満たしていないかもしれない血液をドネイトするということは、血を抜く労力、血を検査する労力、血を運ぶ労力を無駄にする可能性がある。

ということで、本人もマラウイに滞在経験のある友人に献血についてたずねてみた。

-----------------------------------------------------------------------------
結論から言うと、予防接種に関しては一応問診で聞かれるかと思いますが、それほど問題ではないようです。日本では海外渡航歴についてが最近うるさいようです。またマラリア汚染地域に長期間滞在した人は帰国後3年間献血をお断りしていますが、医師の判断によっては献血が可能となる場合もあります。
-----------------------------------------------------------------------------
(Thanks Chikka-rin)

骨折はしたけれどマラリアには罹患してない私.

も、マラウイは一応マラリア汚染地域になるとおもうし、帰国後3年たっていないし。医師の判断とはいうけれど、冷静に考えたら、そんな労力をつかっていただいてまで献血するのはなんだか心苦しい気もする。

いずれにしろ、今すぐ献血する気はなくて、来月、または足りないというアナウンスがでたら献血しようと思ってるんだけど、果たして我が血液をドネイトする価値はあるのか否か.....

「自分ができることから」はじめてはいるけれど、「私が"できる"ことが、相手に"求められている"ことなのか?」の判断もなかなか難しいところ。献血の場合、むしろ「あきらめる」という選択肢が正しい気もしてきた。

写真はマラウイで献血した際の献血パック。マラウイでは3度の献血を経験。3回献血ヒトに贈呈されるTシャツは、現在我が弟の部屋着(笑)

ちなみに、マラウイで献血すると帰りの交通費は現金支給される。(もちろんそのお金もドネイト)


http://fukita.exblog.jp/7476070/
http://fukita.exblog.jp/5255633/
[PR]
トラックバックURL : http://fukita.exblog.jp/tb/12324210
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by クロイチ at 2011-03-29 11:08 x
http://www.mutusinpou.co.jp/news/2011/03/15649.html
そして、私は陸奥新報デビューになりました。
Commented by ayumifukita at 2011-03-29 22:38
陸奥新報とはまた渋い!!つうか、我が家は陸奥新報読者です(笑)
母の実家は陸奥新報の販売店です!!
by ayumifukita | 2011-03-26 07:54 | 言欲 | Trackback | Comments(2)