自分の頭のかたさに涙が出た一件。

自分の頭のかたさに涙が出た一件。




今日の英会話のトピックは「ジェネラル」だの「ステレオタイプ」だのがテーマ。

「若いヒトは、~である」
「老人は、~である」
「日本人は、~である」

というセンテンスを作るレッスン。

「いまどきの若者はビールが嫌いだ」とか「警察官は仕事が遅い」だとかそういうセンテンスを作れということらしいが、いまどきの若者でもビール好きはたくさんいるし、仕事が早い警察官だっている。

いまどきの若者はどうだとか、いまどきの年寄りはどうだとか、一概には言えない。

ほかの生徒が発言したセンテンスに対して、「同意しますか?」と聞かれても、私には「ヒトによると思う」としか答えられない。

先生いわく、「あなたの気持ちはわかるけど、これは会話の練習なのだから。」と諭され、ペアを組んだパートナーにも遠まわしに諭され、どうしてよいのやらわからなくなり黙ってしまう私。

いくら練習だとはいえ、思ってもいないことを言葉にしたくないし、練習じゃなくたって思ってもいないことを話すなんてことはないし、むしろそんな話はしたくもない。

英会話学校は、英語で会話ができるテクニックを学ぶところ。思ってもないことを言えるようになったところでなんの役にも立たないと思う。

今日のレッスンは、ただただストレスがたまるレッスンだった。

このままこの学校に通い続けることが果たしてよいことなのか。いや、そんなことを考える前に、このカタイ、カターイ、シカクーイ頭をなんとかしないと、一生こんなことで悩み続けるんだろうな。

あー、もっと融通のきく人間でありたい。
[PR]
トラックバックURL : http://fukita.exblog.jp/tb/12221257
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by ひで at 2011-03-05 00:20 x
あーー、これすげーわかる!!
英会話ってコレが難しいよね。ロールプレイとかも、完全になりきりってのが、日本語だってできねーよって思う。
日本人は下手だ。

こういうのをまったく感じさせないくせに、テキストの文章をウマく使わせる素敵な先生がいて、その人はすごいと思った。
マラウイに行ったことがあると言っていた。

マラウイ経験者に悪い人はいない。
Commented by ita at 2011-03-05 00:45 x
私はフキタさんの意見に同意。

general って定義がムズカシイですよね。。。
それって誰の事?みたいな。

ただ私はまだ自分の言いたい事すらうまく表現できないし、非常に恥ずかしがり屋なもので(意外?笑)、そこが論外なのですが笑


Commented by ayumifukita at 2011-03-05 08:19
ひでさん
そうなの、日本語でも言えない。日本語では言えないことが、英語ではいえちゃうシチュエーションってのはたたあるんだけど(自分のプライベートな話とか、日本語でははずかしくていえないけど、英語だといえちゃうとか、歯が浮くような褒め言葉とか)、このパターンは英語だからこそ言いたくないケース。

テクストの文章をうまくつかわせる先生!!すてき!!そうやってうまくだましてくれればいいんだけど、今日の先生はストレートすぎるし、「young people」とか「elder people」とか、テーマを指定してくれちゃって、よかれとおもってやってくれたんだろうけど、それが私的には仇になったというか(笑)

Ah....I'm so めんどくさい生徒.
Commented by ayumifukita at 2011-03-05 08:22
ita-san
私もおしゃべりがあまり得意な方ではないし、なぜかまわりの友人(日本人)に「英語がしゃべれるヒト」として認識されていて、実際の英会話スキルとのギャップに悩んでる子でして、そんななか、こんな問題にぶちあたり.....ほんと、不器用。私ったら不器用。バカ。

こういうことこそ、やっぱり自分の意見を通したい。なーなーで、まじりたくない。あー、うまいこと騙してくれるうまい先生みつけないとなー。
by ayumifukita | 2011-03-04 23:48 | 言欲 | Trackback | Comments(4)