ヒエラルキー

a0003089_22415622.jpg


Wikipediaより抜粋
------------------------------------------------------------------------------------------
即刻の処分を免れた被収容者は、散髪、消毒、写真撮影、管理番号を刺青するなど入所にあたっての準備や手続きを行う。管理番号は一人ひとりに与えられ、その総数は約40万件とされる。私物は「選別」の段階までに、戦争遂行に欠かせない資源としてすべて没収されており、与えられる縦じまの囚人服が唯一の所持品となる。最後に、人種別・性別などに分けられた収容棟に送られた。
囚人服には「政治犯」「一般犯罪者」「移民」「同性愛者」、さらには「ユダヤ」などを区別するマークがつけられている(ナチ強制収容所のバッジを参照)。これは、強制収容所内にヒエラルキーが形成されていたことを意味し、労働、食事、住環境など生活のあらゆる面で影響を及ぼしたと考えられる。ドイツ人を頂点に、西・北ヨーロッパ人、スラブ人、最下層にユダヤ人や同性愛者、ロマ・シンティが置かれ、下層にあればあるほど食料配給量や宿舎の設備、労働時間などあらゆる面で過酷状況に置かれ、死亡率も高くなった。心理面では、下層の被収容者がいることで上層の者に多少の安心を与えると共に、被収容者全体がまとまって反抗する機運をつくらせない狙いがあったと考えられる。
------------------------------------------------------------------------------------------
a0003089_22415876.jpg

各マークの意味は以下を参照
http://ja.wikipedia.org/wiki/ナチ強制収容所のバッジ

a0003089_22441346.jpg

[PR]
トラックバックURL : http://fukita.exblog.jp/tb/11901942
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by ayumifukita | 2011-01-12 22:50 | 旅欲 | Trackback | Comments(0)