http://fukita.exblog.jp

fukita.exblog.jp

オーサカのおばちゃん

a0003089_21375846.jpg

今回の台湾旅行はスターアライアンス(コンチネンタルエアーライン)マイレージポイントによる特典旅券を利用。行きは成田-台北、帰りは台北-上海-関空。関空からの国内線については、青森にはスターアライアンスメンバーのANAが就航しておらず(!!)、かえりの国内線フライトは、伊丹空港から仙台空港まで。(秋田空港までという手もあるが、弘前への移動は仙台空港からのほうが便利!!)

関空への到着は22:00。よって大阪では梅田からそう遠くないホステル1泊。あけた翌日、ホステルから仙台までの道のりで「大阪のおばちゃん」パワーを痛感するストーリーあり。

まずは梅田駅にて。オオサカモノレールにのりこむまでのキップを購入しようと券売機にお金をいれるも、値段表に書いてある金額のボタンがない。近くにいた駅員さんにキップの買い方をたずねていると、隣の券売機からこちらをチロチロみるおばちゃんアリ。

おばちゃんのヒトリごとより、行き先が同じであることを察した私、駅員から聞いたキップの買い方をそのおばちゃんに伝授。

そこからは、おばちゃんの独壇場。おばちゃんのお名前はトミコさん。「いやー、なんべんも利用しているのだけども、毎回キップの買い方わすれちゃうのよねぇ」(もちろんバリバリの大阪弁)が”正式”に私にむけてかけられた第一声。そこからもうしゃべるしゃべる。

”あめちゃん”はもらえなかったけど….。

おばちゃんによると、これから姪っ子の子ども(おばちゃんにとっては孫みたいなもんなんだそう)にお正月のプレゼントをあげにいくのだそうで。「お年玉は元旦にあげたんだけどねぇ」とおばちゃん。

結局、電車おりるまでおばちゃんとガッチリおしゃべり。「おばちゃん"と"」ではなく「おばちゃん"が"」が正しい気もするが(笑)

ここでおばちゃんから学んだのが「ものは考えよう」ということ。大阪人の血がそうさせるのか、内容は少々暗いのだが、とにかくたのしいトーク。飽きることなくモノレール乗換駅まで移動。

大阪の空はとにかく青かった。晴天。そしてモノレールに乗り換え、無事、伊丹空港到着。

前日のホステルトーク夜更かしがたたり大寝坊をした私、伊丹空港では食事をとる時間もなく。せめてスタンドのたこ焼きでもとおもったが、その時間さえなかった。だめな私。

そしてフライト。

仙台行きの機内にて。これまた、お隣の席になったおばちゃん(というよりご婦人という表現がしっくりくる方)
に声をかけられる。初孫が生まれたとのことで仙台まで息子夫婦と生まれたばかりのお孫さんに会いにいくとのこと。私がまだ独身であることを伝えると、アドバイス合戦スタート(笑)

とはいえ、とても愛のあるアドバイス。

「100%気が合う人間なんていないのよ。とにかく、あなたに家庭をつくる喜びを知ってもらいたいわね。」とのこと。「いや、私だって、結婚したくないわけではないのですけどねぇ….ちっともモテナイんですよぉ」と答えると、「そうなのよねぇ、あなたみたいに自分ヒトリでなんでもできちゃうと、なかなかねぇ。そういう時代だしねぇ」と(笑)

彼女は、阪神大震災で被災されたとのこと。長い間、避難所生活を強いられた。その時期のお話やら、いろいろな話しを伺う。それでも避難所にて皆で過す日々は楽しかったと仰っていた。そして最後、連絡先の交換をしてお別れ。

これは、大阪という土地がなせる業なのか?

いや、そういえば、成田空港にむかう京成電車(普通列車)でも、乗り合わせたおじさんに何処に行くのか聞かれ、いろんなアドバイスをもらったのを思い出した。ボックス席でもなんでもない、普通の電車だったのに、お向かいの席越しのおじさんと、お隣の席のおじさんと。我々の話を向いのシートに座って聞いていたおばちゃんがウンウンと頷いていらした。

日本にいても、こういう交流ができるってステキなことだなぁと。日本もまだまだ捨てたものじゃない。

もっと日本も旅しないと。
[PR]
トラックバックURL : http://fukita.exblog.jp/tb/11901153
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by ayumifukita | 2011-01-12 21:40 | 旅欲 | Trackback | Comments(0)